IBM Sametime Unified Telephony 9: 構成

デプロイメントのコンポーネントを、正しく機能するように構成します。

設定

IBM Sametime Unified Telephony のデプロイメントを構成するには、 デプロイメント内の各サーバーで一連のタスクを実行する必要があります。

テレフォニー制御サーバーの構成

このセクションでは、テレフォニー制御サーバーの構成に必要なステップについて説明します。Sametime Unified Telephony システムを作成するには、TCS サーバーと TAS サーバーの間の接続を構成する必要があります。このセクションでは、システム全体のパラメータを構成する方法についても説明します。

コマンドラインインターフェースのタスク

これらのタスクは、コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して行います。

テレフォニー制御サーバーでのリモートアクセスのセットアップ

このセクションでは、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、テレフォニー制御サーバーへのリモートアクセスをセットアップする方法を説明します。

始める前に

テレフォニー制御サーバークラスタをインストールしておく必要があります。

このタスクについて

両方のテレフォニー制御サーバーノード上のファイル /etc/security/access.conf に、システムにリモートでアクセスできるユーザーとそのロケーションを規定するアクセスルールが含まれています。テレフォニー制御サーバーのクラスタの初回インストール後、この行を以下のように変更して、ノードにリモートアクセスできるようにします。

手順
  1. 編集するために access.conf ファイルを開き、以下の行を見つけます。
     - :root:ALL EXCEPT LOCAL vmtcs1a vmtcs1a_cip0 vmtcs2a vmtcs2a_cip0 console localhost tty1 tty2 tty3 tty4 tty5 tty6 clusternode1-priv clusternode2-priv 
  2. この行の先頭で、以下のように -+ に変更します。
     + :root:ALL EXCEPT LOCAL vmtcs1a vmtcs1a_cip0 vmtcs2a vmtcs2a_cip0 console localhost tty1 tty2 tty3 tty4 tty5 tty6 clusternode1-priv clusternode2-priv 
  3. 次に以下の行を見つけます。
     - :srx:ALL EXCEPT LOCAL 10.236.11.201 vmtcs1a vmtcs1a_cip0 vmtcs2a vmtcs2a_cip0 console localhost tty1 tty2 tty3 tty4 tty5 tty6 clusternode1-priv clusternode2-priv 
  4. 同じように、この行の先頭で以下のように -+ に変更します。
     + :srx:ALL EXCEPT LOCAL 10.236.11.201 vmtcs1a vmtcs1a_cip0 vmtcs2a vmtcs2a_cip0 console localhost tty1 tty2 tty3 tty4 tty5 tty6 clusternode1-priv clusternode2-priv 
  5. ファイルを保存して閉じます。
GNF 置換接頭部の設定

このセクションでは、CLI ツールを使用して GFN 置換接頭部を設定する方法について説明します。

このタスクについて
この例では、9 とダイヤルすると外線につながり、00 とダイヤルすると国際番号につながります。番号に接頭部 + が付いている場合、その接頭部は 900 に変更されます。置換接頭部の設定方法を以下に示します。
手順
  1. GNF 置換接頭部を設定するには、TCS ノードの 1 つに対して putty セッションを開きます。このタスクを実行するには、CLI ツールを使用してください。
  2. srx としてログインして startCLI を実行します。
  3. sysad としてログインします。
  4. [Main Menu]1 を入力します。
  5. [Configuration Management] メニューで 1 を選択します。
  6. [Configuration Parameters] メニューで 3 を選択します。
  7. [modifyParameter:] プロンプトで hiQ/CSTA/GNFPrefixReplacement と入力します。
  8. [modifying variable parameters:] プロンプトで ??? と入力します。
  9. [value <max length 2047>:]900 と入力します。次に、[input value was:]900 と入力します。
  10. yes と入力して、アクションを確定します。 その後、各メニューで 99 と入力して CLI を終了します。
以下の例では、ユーザーによる入力を 強調表示されたテキスト で示しています。
dubtcs02node1:~ #  su - srx 
srx on dubtcs02node1 using /dev/pts/0 ...
dubtcs02node1:/unisphere/srx3000/srx (140>  startCli 


                    RTP Command Line Interface

         Copyright (C) Fujitsu Siemens Computers GmbH 1999 - 2010
                        All Rights Reserved

         Copyright (C) 2000-2005 Siemens Network Convergence LLC.
                       All Rights Reserved.

NOTE:   You may use this software only in accordance with the terms of your
license agreement, located on any of the installation CDs for this product.



(This process is running as "RtpAdmCli01")

Login:  sysad 

Management session established for user "sysad" on "dubtcs02node1"


Main Menu:

        Configuration Management.......................1
        Fault Management...............................2
        Performance Management.........................3
        Security Management............................4
        System Management..............................5
        Application-level Management...................6

        Open Logfile............................94
        Show Callback Output....................95
        Wait for Callbacks......................96
        Change Password.........................97
        Expert Mode.............................98
        Exit....................................99

 Selection:  1 

Configuration Management:

        Configuration Parameters.......................1
        Logging........................................2

        Return..................................99

        Selection:  1 

Configuration Parameters (methods):

        browseParameterNames...........................1
        getParameterInfo...............................2
        modifyParameter................................3
        createParameter................................4
        deleteParameter................................5
        loadConfigVersion..............................6
        removeConfigVersion............................7
        getAllSavedConfigVersions......................8
        saveCurrentConfigVersion.......................9

        Return..................................99

        Selection:  3 

modifyParameter:

        name :  hiQ/CSTA/GNFPrefixReplacement 

invariant settings:

        name             : hiQ/CSTA/GNFPrefixReplacement
        type             : PARM_STRING
        usage            : PARM_USAGE_CUSTOMER
        lastUpdateMillis : 25.Nov.2009 19:29:19h (000 msec)
        changeId         : 0
        descriptionString:

modifying variable parameters:

        current value:  ??? 


        value <max length 2047>:  900 
                  input value was: " 900 "           
Do you want to execute this action? (default: yes):  yes  
SIP セッションタイマーを使用可能に設定

テレフォニー制御サーバーが損失したコールを検出することで、接続が切断されないようにするには、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、SIP セッションタイマーを有効にします。

始める前に

エンドポイントの再ルーティングをオンにします。

このタスクについて

SIP セッションタイマーは、コール損失時のテレフォニー制御サーバーの接続切断を防止します。

手順
  1. sysad としてログインします。
  2. startCLI を実行します。[Main menu] で、[Configuration Management] を選択します。 [1] を選択します。
  3. 1 を選択して、[Configuration Parameters] を選択します。
  4. 3 を選択して、[modifyParameter] を選択します。 以下のように設定を変更します。
    1. name: Srx/Sip/Session_Timer
    2. Invariant settings:name : Srx/Sip/Session_Timer
      type : PARM_STRING
      usage : PARM_USAGE_CUSTOMER
      lastUpdateMillis : 13.May.2009 09:44:20h (000 msec)
      changeId : 0
      descriptionString:
    3. modifying variable parameters:
      current value: NO
      value <max length: 2047>: YES
      input value was: "YES"
      Do you want to execute this action? (default: yes)
  5. 同じ方法に従って、[Srx/Sip/ZeroIpOnHold] を値 0 に設定します。
  6. [Srx/Main/UseSendOnlyForMOH] を 値 RtpTrue に設定します。
統一番号サービスのタイマーを使用可能に設定

このタイマーは、TCS が TAS にコールを提供した後、 そのコールを依存可能なターゲットに転送するまで待機する時間を 定義します。

このタスクについて
コールを受け取ると、TCS はそのコールを TAS に送信し、 数ミリ秒以内に TAS がルール/転送ワークフローエンジンの結果であるターゲットに そのコールを転送します。TAS で問題が発生している場合、 タイマーによって定義された間隔の後、TCS はそのコールを 依存可能なターゲットに転送します。負荷が高い時間帯では、 デフォルトの 2 秒では短すぎて、通常どおりに正しいターゲットに転送される前に 依存可能なターゲットに転送されてしまう可能性があります。タイマーを 3 秒に変更すると、 正しいターゲットに転送されやすくなります。
手順
  1. srx としてログインして startCLI を実行します。
  2. sysad としてログインします。
  3. [Main Menu]1 を入力します。
  4. [Configuration Management] メニューで 1 を選択します。
  5. [Configuration Parameters] メニューで 2 を選択します。
  6. [getParameterInfo] の プロンプトで hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState と入力します。
  7. [Enter] キーを押して続行します。
  8. [Configuration Parameters] メニューで 4 を選択します。
  9. [createParameter: name <max length: 255> : ] のプロンプトで hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState と入力します。
  10. [usage <PARM_USAGE_CUSTOMER 2> (default: 2)] フィールドで 2 を選択します。次に、[Do you want to execute this action? (default: yes] という 確認メッセージが出されたら yes を選択します。
  11. [Configuration Parameters] メニューで 2 を 選択します。[name (default: ):]hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState と入力します。
  12. [Configuration Parameters] メニューで 99 を選択します。
  13. [Configuration Management] メニューで 99 を選択します。
  14. [Main Menu]5 を選択します。
  15. [System Management] メニューで 1 を選択します。
  16. [Process & Node (methods)]8 を選択します。
  17. [stopProcess:] プロンプトの後、[logicalName:] プロンプトで uce1 と 入力します。その後、アクションを実行します。
  18. [Process & Node (methods)]6 を選択します。
  19. [startConfiguredProcess:] の後、[logicalName:] プロンプトで uce1 と入力します。
  20. uce2uce3uce4 を使用して ステップ 16 から 19 を繰り返します。
dubtcs02node1:~ # su - srx
srx on dubtcs02node1 using /dev/pts/0 ...
dubtcs02node1:/unisphere/srx3000/srx (141> startCli


                    RTP Command Line Interface

         Copyright (C) Fujitsu Siemens Computers GmbH 1999 - 2010
                        All Rights Reserved

         Copyright (C) 2000-2005 Siemens Network Convergence LLC.
                       All Rights Reserved.

NOTE:   You may use this software only in accordance with the terms of your
license agreement, located on any of the installation CDs for this product.



(This process is running as "RtpAdmCli01")

Login: sysad

Management session established for user "sysad" on "dubtcs02node1"


Main Menu:

        Configuration Management.......................1
        Fault Management...............................2
        Performance Management.........................3
        Security Management............................4
        System Management..............................5
        Application-level Management...................6

        Open Logfile............................94
        Show Callback Output....................95
        Wait for Callbacks......................96
        Change Password.........................97
        Expert Mode.............................98
        Exit....................................99

        Selection: 1

Configuration Management:
        Configuration Parameters.......................1
        Logging........................................2
        
        Return..................................99

        Selection: 1

Configuration Parameters (methods):
browseParameterNames...........................1
getParameterInfo...............................2
modifyParameter................................3
createParameter................................4
deleteParameter................................5
loadConfigVersion..............................6
removeConfigVersion............................7
getAllSavedConfigVersions......................8
saveCurrentConfigVersion.......................9

Return..................................99

Selection: 2


getParameterInfo:

name (default: ): hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState

executing method getParameterInfo...

The following error situation has occurred:
The given configuration parameter could not be found in the database.
(nativeGetParamRecord/RtpCfgGetParamRec: 
szName=hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState RtpErrno:EDBINORECORD)

Do you want to see more details? (default: no):

Configuration Parameters (methods):
browseParameterNames...........................1
getParameterInfo...............................2
modifyParameter................................3
createParameter................................4
deleteParameter................................5
loadConfigVersion..............................6
removeConfigVersion............................7
getAllSavedConfigVersions......................8
saveCurrentConfigVersion.......................9

Display Class Name......................98
Return..................................99

Selection (default: 2): 4

createParameter:

name <max length: 255> : hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState
type <PARM_INT: 0, PARM_FLOAT: 1, PARM_STRING: 2, PARM_DIGITS: 3, 
PARM_BOOL: 4,PARM_POINTCODE: 5, PARM_DATE: 6, PARM_IP: 7, PARM_BINARY: 8> 
(default: 0): 
value <max lenth: 2047>: 3000 
usage <PARM_USAGE_CUSTOMER 2>  (default: 2): 
descriptionString (default: ): 
valueDescriptions[0].valueTitle <end: "."> (default: .):  
Do you want to execute this action? (default: yes):  
executing method createParameter...
Ok.  
Press <Return>  to continue  

Configuration Parameters (methods):  

browseParameterNames...........................1 
getParameterInfo...............................2 
modifyParameter................................3 
createParameter................................4 
deleteParameter................................5 
loadConfigVersion..............................6 
removeConfigVersion............................7 
getAllSavedConfigVersions......................8 
saveCurrentConfigVersion.......................9  
Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 4): 2 	 

getParameterInfo:  

name (default: ): hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState  

executing method getParameterInfo...  

Ok.  

Parameter Information:  

name : hiQ/CSTA/DelayAtONSOfferedState 
value : 3000 
type : PARM_INT 
usage : PARM_USAGE_CUSTOMER 
lastUpdateMillis : 20.Mar.2009 09:14:25h (000 msec) 
changeId : 0 descriptionString:  

Press <Return> to continue  

Configuration Parameters (methods):  
browseParameterNames...........................1 
getParameterInfo...............................2 
modifyParameter................................3 
createParameter................................4 
deleteParameter................................5 
loadConfigVersion..............................6 
removeConfigVersion............................7 
getAllSavedConfigVersions......................8 
saveCurrentConfigVersion.......................9  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 2): 99  

Configuration Management:  

Configuration Parameters.......................1 
Logging........................................2  

Return..................................99  

Selection (default: 1): 99  

Main Menu: 
Configuration Management.......................1 
Fault Management...............................2 
Performance Management.........................3 
Security Management............................4 
System Management..............................5 
Application-level Management...................6  

Open Logfile............................94 
Show Callback Output....................95 
Wait for Callbacks......................96 
Change Password.........................97 
Expert Mode.............................98 
Exit....................................99  

Selection (default: 1): 5  

System Management:  
Process & Node.................................1 
Subsystems.....................................2 
Tickets........................................3 
SW Installation................................4  

Return..................................99  

Selection: 1  

Process & Node (methods):  
getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Return..................................99  

Selection: 8  

stopProcess:  
logicalName: uce1   


Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method stopProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

Process & Node (methods): 
getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 8): 6  

startConfiguredProcess:  

logicalName: uce1  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method startConfiguredProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 6): 8  

stopProcess:  

logicalName: uce2  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method stopProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

Process & Node (methods):  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23 

Display Class Name......................98 
Return..................................99 

Selection (default: 8): 6  

startConfiguredProcess:  

logicalName: uce2  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method startConfiguredProcess...  

Ok.  
Press <Return> to continue  
Process & Node (methods):  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 6): 8  

stopProcess:  logicalName: uce3  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method stopProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

Process & Node (methods):  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98
Return..................................99  

Selection (default: 8): 6  

startConfiguredProcess:  

logicalName: uce3  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method startConfiguredProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

Process & Node (methods):  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 6): 8  

stopProcess:  logicalName: uce4  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method stopProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  
Process & Node (methods):  

getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 8): 6  

startConfiguredProcess:  

logicalName: uce4  

Do you want to execute this action? (default: yes):  

executing method startConfiguredProcess...  

Ok.  

Press <Return> to continue  

Process & Node (methods):  
getProcessInformation..........................1 
getAllProcessStatus............................2 
configureProcess...............................3 
modifyProcessConfiguration.....................4 
deleteProcess..................................5 
startConfiguredProcess.........................6 
startProcess...................................7 
stopProcess....................................8 
createProcessGroup.............................9 
modifyProcessGroup............................10 
deleteProcessGroup............................11 
getProcessGroupInformation....................12 
getNumberOfProcessGroupMembers................13 
startProcessGroup.............................14 
stopProcessGroup..............................15 
getAliasInformation...........................16 
createAlias...................................17 
modifyAlias...................................18 
deleteAlias...................................19 
getCeInformation..............................20 
getAllProcessGroupStatus......................21 
getAllConfiguredProcessGroups.................22 
restartProcess................................23  

Display Class Name......................98 
Return..................................99  

Selection (default: 6):  
TCS root パスワードの変更

セキュリティのために、必ず TCS のデフォルトパスワードを変更してください。

手順
  1. TCS root ユーザーのパスワードを変更するには、 各 TCS ノードにログインし、passwd コマンドを 入力して root パスワードを変更します。
  2. コマンドを入力すると、以下のように表示されます。
    root のパスワードを変更します。(Changing password for root.)
    
    	新規パスワードを選択できます。(You can now choose the new password.)
    
    	A valid password should be a mix of upper and lower case letters,
    	digits, and other characters.  これら 4 種類のうち少なくとも
    	3 種類の文字を使用した、長さが 8 文字のパスワードを使用できます。
     (You can use an 8 character long
     password with characters from at least 3 of these 4 classes.)
    	パスワード先頭の大文字と末尾の数字は、使用する文字の種類に
    	算入しません。(An upper case letter that begins the password and a digit that
     ends it do not count towards the number of character classes used.)
    
    	新規パスワードの入力:
    
    	新規パスワードの再入力:
    
    	パスワードは変更されました
    注: 両方の TCS ノードで同じパスワードを使用してください。 また、パスワードは両方の TCS ノードで同時に変更してください。
オフボード Media Server の TCS アクセスを許可する (オプション)

テレフォニー制御サーバーとオフボード Media Server の間の通信を有効にするには、パケットフィルタ規則を作成する必要があります。

このタスクについて
パケットフィルタ規則を作成すると、テレフォニー制御サーバーとオフボード Media Server の間の通信を有効することができます。
手順
  1. srx としてログインして startCLI を実行します。
  2. sysad としてログインします。
  3. [Main Menu] で、6 > 8 > 4 > 1 を選択します。次に、次のパラメータを追加します。
    Packet Filter Rule Name <Max length:63 (max length:63)> default: ):
     Packet Filter Name  
    Description <To clear enter /000 (max length:63)> (default: ):
     Packet Filter Name Description 
    Remote FQDN <To clear enter /000 (max length:63)> (default: ): 
      Press <enter> 
    Remote IP Address <To clear enter /000 (max length:15)> (default: ):
     <Media Server IP address> 
    Remote Netmask <To clear enter /000 (max length:15)> (default: ): 
     <Media Server subnet mask> 
    
    Transport Protocol <1 = icmp, 2 = udp, 3 = tcp, 4 = all, 5 = esp, 
    6 = ah, 7=sctp>:  <enter 2 for udp or 3 for tcp> 
    Remote Port Begin <0 = All Ports>:  0 
    Direction <1 = incoming, 2 =  outgoing, 3 = both ways>:  3 
    Local Host: <To clear enter /000 (max length:32)> (default:) :
     <TCS IP address> 
    Local Port Begin <0 = All Ports>:  8767 
    Local Port End <0 = Only Begin Port is Valid>:  0 
    
    Action <1 =  Allow, 2 = Drop>:  1 
    
    Do you want to execute this action? <y/n> (default:yes): yes 
    Operation Successful
    Press <Return> to continue.
    テレフォニー制御サーバーのクラスタでは、3 つのテレフォニー制御サーバー IP アドレス (例えば、node1 の物理 IP アドレス、node2 の物理 IP、仮想 IP) のそれぞれについて、パケットフィルタ規則を 3 回追加する必要があります。
  4. [Packet Filter Rules Security Management (methods)] メニューで 4 を入力することによって、パケットフィルタ規則が受け入れられたことを確認します。次に、作成したパケットフィルタ名を入力します。

CMP (Common Management Portal) 構成タスク

CMP (Common Management Portal) は、複数のセクションに分かれていて、それらのセクションでユーザーは IBM Sametime Unified Telephony サーバーを構成および管理できます。CMP のヘルプは、他の言語を選択している場合であっても英語版しか使用できません。

CMP は、[Operations & Maintenance]、[Telephony Control Server]、[Users & Resources] の 3 つの主要セクションに分かれています。

Operation & Maintenance
[Operation & Maintenance] タブは、以下の 4 つのサブセクションから構成されています。
  • [Diagnostics]: トラブルシューティングで使用するテレフォニー制御サーバーのアラームに関する情報が含まれます。
  • [Configuration & Monitoring]: 選択したテレフォニーアプリケーションサーバーに関連した Media Server を構成できます。このセクションでは、SIP エンドポイントでの通信アクティビティの制御とモニターのための、テレフォニー制御サーバーと CSTA との間の接続も構成できます。
  • [Recovery]: ドメイン構成のバックアップまたはリストア、およびユーザーの一括プロビジョニングを実行できます。
  • [License Management]: 製品ライセンスをアクティブ化し、ライセンス ID を追跡できます。
Telephony Control Server
[Telephony Control Server] タブは、以下の 4 つのサブセクションから構成されています。
  • [General]: 二重 TCS ノードの IP アドレスなどの情報を含むスイッチを追加することで、テレフォニー制御サーバーに対する接続を作成できます。
  • [Administration]: Media Server のトーン、アナウンス、言語を構成できます。シグナリング管理、ライセンス管理などの追加機能も用意されています。
  • [Business Group]: テレフォニー制御サーバーに定義されたすべてのビジネスグループをリストし、宛先、エンドポイント、経路、PAC を定義できます。
  • [Global Translation and Routing]: 以下のようなよく使用される機能を提供するように、ビジネスグループ間コール転送を構成できます。
    • オフィス番号の定義
    • 自宅の DN の定義
    • ルーティングエリアの定義
    • 起点宛先の定義
Users & Resources
[Users & Resources] タブによって、ユーザーはユーザーとリソースをプロビジョンできます。このセクションには、3 つのサブセクションがあります。
  • [Domain]: テレフォニーアプリケーションサーバーで使用するドメインを定義できます。
  • [Users]: ユーザーをプロビジョンできます。

    各ユーザーに 1 つ以上のプロファイルまたはリソースを割り当てることができます。プロファイルは、特定の機能とアクセス権限をユーザーに割り当てるために使用します。選択したドメインのユーザーに加えて、外部ユーザー (選択したドメインで特定の権限を付与される、別のドメインの外部ユーザーまたは管理者) を作成できます。この目的で、選択したドメインからのプロファイルをそれらの外部管理者に割り当てることができます。他のドメインからのプロファイルを割り当てることはできません。リソースを外部ユーザーに割り当てることはできません。

  • [Resources]: SIP ドメイン、会議デバイスなどの Media Server のリソースに関する情報に加えて、オフィスの番号、内線などの TCS リソースに関する情報が含まれます。
CMP へのテレフォニー制御サーバーの追加

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントでは、テレフォニー制御サーバーとテレフォニーアプリケーションサーバーは、CMP (Common Management Portal) によって管理されます。CMP は、テレフォニーアプリケーションサーバー上にあります。管理タスクを行うにはテレフォニー制御サーバーと通信するように、CMP を構成する必要があります。

始める前に
このタスクを完了するには、ノード 1 TCS の IP アドレス (node.cfg ファイルの node_1_ip) が必要です。
手順
  1. テレフォニーアプリケーションサーバーで、以下のようにして CMP を開始します。
    1. ブラウザを開きます。
    2. テレフォニーアプリケーションサーバーの CMP の URL を以下のように入力します。
      https://TAS_URL/management

      例:

      https://tas01.example.com/management
    3. administrator@system.com のユーザー名とパスワードを使用してログインします。
  2. [Telephony Control Server] > [General] > [List of SoftSwitches] > [Switches] をクリックします。
    スイッチのリストのスクリーンショット
  3. [追加] ボタンをクリックします。
  4. [Add Switch] ダイアログボックスで、[Connection Settings] セクションに以下のように入力します。
    テスト接続のスクリーンショット
    オプション 説明
    名前
    • 単一の TCS に接続する場合は、記述名 (例えば、ノードの短縮ホスト名を使用できます) を入力します。
    • TCS ノードのクラスタに接続する場合は、[Name] フィールドをブランクのままにします。
    Use cluster name TCS ノードのクラスタに接続する場合は、このオプションをクリックしてクラスタ名を自動的に入力します。
    IP アドレス
    • 単一のテレフォニー制御サーバーの場合: TCS の IP アドレス (node.cfg ファイルの node_1_ip)。
    • クラスタ: ノード 1 TCS の IP アドレス (node.cfg ファイルの node_1_ip)。
    srx password srx パスワードを入力します (デフォルトでは、パスワードは srx1srx に設定されます)。
    Synchronization will start この設定は、[As scheduled by system] というデフォルト値のままにします。
  5. [Test Connection] ボタンをクリックして、CMP がテレフォニーアプリケーションサーバー (またはクラスタ) に接続できることを確認します。

    テストに失敗した場合は、ネットワークを確認してください。テレフォニーアプリケーションサーバーが管理サブネットとは別のサブネットで動作している場合は、TAS がこれらのサブネットをまたがって自由に接続できるようにネットワークを構成してください。テレフォニー制御サーバーのノードの IP アドレスを、TAS 上の hosts ファイル (/etc/hosts にあります) に追加します。

  6. 正常に接続できたら、[Save] ボタンをクリックして、テレフォニー制御サーバーを CMP に追加します。新しい TCS (またはクラスタ) がスイッチのリストに表示されます。
PAC 再転送の有効化

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、経路が SIP 要求に応答していない場合に宛先に属する複数の経路間で自動的にフェイルオーバーするには、テレフォニー制御サーバーでエンドポイント再転送機能を使用可能にする必要があります。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Administration] > [Signalling Management] > [SIP] をクリックします。
  2. [SIP Settings] ダイアログボックスで、[Rerouting] タブをクリックします。
  3. [Rerouting] セクションで、[Enable Rerouting for SIP Subscribers] チェックボックスをクリックし、値 (999 など) を指定します。次に、[Save] をクリックします。
    PAC 再転送のスクリーンショット
アナウンスの構成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、Media Server は、電話会議をサポートし、アナウンスを提供します。

1 台のテレフォニー制御サーバーは、最大 100,000 人のユーザーをサポートでき、1 台のテレフォニーアプリケーションサーバーは最大 15,000 人のユーザーをサポートします。完全に実稼働中のシステムでは、単一のテレフォニー制御サーバーを使用して複数のテレフォニーアプリケーションサーバーが稼働します。各テレフォニーアプリケーションサーバーは、Media Serverとペアになっている必要があります。Media Server は、その Media Server のユーザーに対してアナウンスを提供します。ただし、Media Server に障害が発生した場合、フェイルオーバー機能によって、障害が発生したシステムが復元するまで、別の Media Server がユーザーをサポートします。

Media Server には 300 以上のアナウンスが用意されています。テレフォニー制御サーバーが Media Server からのアナウンスを要求する場合は、その Media Server への MGCP エンドポイントを使用します。これは構成する必要があります。

アイルランドに 1 台のテレフォニーアプリケーションサーバーと Media Server のペアがあり、スコットランドに別のペアがあり、さらにイングランドに別のペアがあるとします。3 つの Media Server と 3 つのユーザーグループが存在します。まず、各ユーザー、および他の各エンドポイント (ローカル PBX、IBM WebSphere® Application Server SIP プロキシ、会議ブリッジなど) に対してサービスを提供する担当 Media Server を把握することが重要です。

このユーザーとエンドポイントに、タグとしてルーティングエリアオブジェクトを付けます。転送領域にプレフィックスとして「RA」を付け、次に ID を付けます。例えば、アイルランドのユーザーの場合は「RA_IRL」、スコットランドのユーザーの場合は「RA_SCOT」などになります。

インターセプトの構造

テレフォニー制御サーバー上には、349 件のインターセプト (アナウンスとも呼ばれます) があります。 インターセプトは、[Telephony Control Server] > [Administration] > [Media Servers] > [Intercepts] をクリックすることで、CMP で表示できます。各インターセプト内で、1 つ以上の処置を適用できます。処置は、ウェーブファイルへのポインタであり、リソースへのアクセスに使用できる宛先も定義しています。

テレフォニー制御サーバー上のインターセプト (アナウンス) のリスト
複数の Media Server にまたがるインターセプトのプール

インターセプトを構成するときに、処置が単一の宛先を指し、その宛先が実際の Media Server を指すように指定できます。しかし、この方法ではリソースの使用効率が悪くなる可能性があります。属するテレフォニーアプリケーションサーバーに関係なく、すべてのユーザーとエンドポイントが同じ Media Server を使用することになります。インストールされているテレフォニーアプリケーションサーバーの数にかかわらず、起点宛先を使用してアナウンスを構成してください。これにより、複数の Media Server にまたがるインターセプトがサポートされます。起点宛先は、起点経路を追加できるコンテナです。これらの各経路により、ルーティングエリアは実際の宛先に結合されます。つまり、インターセプトは起点宛先を指し、起点宛先には、ルーティングエリアを実際の宛先に結合する項目が 1 つ以上設定されています。

インターセプトのプーリングの図

アナウンス宛先

宛先は、ローカル Media Server に障害が発生した場合に、バックアップ Media Server を容易に使用できるようにします。 Sametime Unified Telephony では、宛先とエンドポイントが作成され、経路により結合されます。常に 1 つの宛先が存在し、その宛先には、1 つのエンドポイントを指す経路が 1 つ含まれています。アナウンス宛先には、複数の経路を作成し、それぞれに優先順位番号を付けます。この優先順位番号は ID 番号と呼ばれます (ID が低いほど、優先順位が高くなります)。常に、低い優先順位から使用し、次第に高い優先順位を使用することを推奨します。これにより、ある Media Server がオフラインになった場合に、中断することなく、別の Media Server を追加してより高い優先順位を設定できます。

アナウンス宛先の図

例えば、2 台の Media Server があり、1 台はアイルランドに、もう 1 台はドイツにあるとします。 テレフォニー制御サーバーがアナウンスを必要とするとき、インターセプトは起点宛先を指しています。要求は、そのオブジェクトの転送領域を使用して、MS DE 宛先に転送されます。この宛先は、MS_ANN_DE と MS_ANN_IRL サーバーの両方に転送しますが、MS DE 宛先に MS_ANN_DE を優先することが指定されているため、まず MS_ANN_DE サーバーに転送されます。障害が発生した場合は、アイルランドの Media Server がドイツのユーザーとエンドポイントへのアナウンスの提供を続行します。ただし、処置の優先順位はより低くなります。

Media Server アナウンスのエンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメント環境の Media Server アナウンスのエンドポイントを作成します。

このタスクについて
Sametime Unified Telephony は、アナウンスの転送に MGCP (Media Gateway Control Protocol) を使用します。MCGP を使用してアナウンスの宛先の役割を果たす Media Server エンドポイントを作成します。
手順
  1. [Telephony Control Server] > [Administration] > [Media Servers] > [Media Servers] をクリックします。
    Media Server エンドポイントの作成
  2. [Media Servers] リストで、[Add] ボタンをクリックします。
  3. [Media Server] ダイアログボックスで、[General] タブをクリックし、 Media Server の一般的な設定を入力します。
    [Media Server] ダイアログボックスの [General] タブ
    オプション 説明
    Gateway Name 新規の Media Server エンドポイントの名前を入力します (「MGCP」を名前に含めます)。
    完全修飾ドメインネーム 完全修飾ドメインネームまたはサーバーの IP アドレス ([ ] で囲む) を入力します。
    割り当て方式 方式を [Automatic] に設定します。
    プロトコルタイプ プロトコルタイプを [MGCP] に設定します。
    Protocol Version バージョンを [MGCP 1.0 NCS 1.0] に設定します。
    回線フォーマット フォーマットとして $/$ と入力します。
    マルチホーミング マルチホーミングを [Disabled] に設定します。
    MG シグナル IP アドレス割り振り方式 IP アドレス割り振り方式に [DNS Query] を選択します。
    MG シグナル [Fully Qualified Domain Name] フィールドに入力した完全修飾ドメインネームまたは IP アドレスを入力します。ここでは、IP アドレスを [ ] で囲む必要はありません。
  4. [Extended] タブをクリックし、[DTMF][Enabled] に設定し、残りの設定はそのままにします。
    [Media Server] ダイアログボックスの [Extended] タブ
  5. [Circuits] タブ、[Add] ボタンをクリックし、回線設定を入力して、[OK] をクリックします。
    [Media Server] ダイアログボックスの [Circuits] タブ
    オプション 説明
    回線 ID ID として ann/$ と入力します。
    Circuit End Id このフィールドは、ブランクのままにします。
    回線タイプ [Announcement] を選択します。
    [Circuits] タブに新しい回線が反映されます。
    これで、新しい回線が [Circuits] リストに表示されます
  6. [保存] をクリックして MGCP エンドポイントを保存します。これは、ブロック対象オブジェクトとして [Media Servers] リストに表示されます。
    新しい MGCP エンドポイントが [Media Servers] リストに表示されます
  7. 次に、エンドポイントのチェックボックスをクリックし、[Unblock] ボタンを選択して、MGCP エンドポイントのブロックを解除します。
アナウンス宛先の作成

IBM Sametime Telephony のデプロイメントで、MGCP ネットワークをまたがってアナウンスを配信できるように、経路が Media Server エンドポイントを指す宛先を作成します。

このタスクについて

MGCP (Media Gateway Control Protocol) は、複数のネットワーク間をブリッジするために使用されるメディアゲートウェイのシステムです。各メディアゲートウェイは、VoIP (Voice over Internet Protocol) ネットワークと従来の電話網との間のインターフェースとして機能します。アナウンスを MGCP を介して確実に配信できるようにするには、MGCP ネットワーク内の Media Server を指す少なくとも 1 つ以上の経路を含む宛先を作成する必要があります。 大半のシステムには、複数のテレフォニーアプリケーションサーバーと Media Server があるため、宛先には、通常、他の Media Server への経路が 2 つまたは 3 つ存在することになります。

アナウンスは、すべてのビジネスグループと番号計画に共通のグローバルサービスであるため、アナウンスとその宛先は、テレフォニー制御サーバーの "[Global Translation and Routing]" セクションで作成され、その後、グローバル番号計画内に保管されます。

手順
  1. テレフォニー制御サーバーで、以下のようにして CMP を開始します。
    1. ブラウザを開き、https://TAS_URL/management/ にナビゲートします。

      例:

      https://tas01.example.com/management
    2. administrator@system.com 資格情報を使用してログインします。
  2. [Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Destinations and Routes] > [Destinations]をクリックします。
    [Destinations] ダイアログボックスへのアクセス
  3. [Destinations] リストで、[Add] ボタンをクリックします。
  4. [Add Destination] ダイアログボックスの [General] タブで、新しい宛先の記述名を入力し、[is a media server] チェックボックスをクリックして、[Save] をクリックします。
    注: 次のステップで宛先への経路を追加するには、その前に宛先を保存する必要があります。
    宛先の追加

    これで、新しい宛先が、[Destinations] リストのリストに表示されます。

  5. 新しい宛先をクリックすると、[Edit Destination] ダイアログボックスが開きます。
  6. [Routes] タブをクリックし、[Add] ボタンをクリックします。
    宛先への経路の追加
  7. [Add Route ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    経路のスクリーンショット
    表 1. "[Routes]" ページで設定するべきフィールド
    フィールド 説明 推奨値
    ID この経路の優先順位を表す数値。「1」が最高の優先順位を表します。 より高い優先順位になる別の経路を追加する予定の場合は、この値に優先順位の低い数値 (10 など) を割り当てます。こうすることにより、新しい経路を追加した場合でも、後でこの値を変更する必要がありません。
    Type エンドポイントとして定義するサーバーのタイプ。 リストから [MGCP Media Service] を選択します。
    MGCP Media Service この宛先のエンドポイントとして機能するサーバーの名前。 フィールドの横にある [...] ボタンをクリックして、該当するメディアサーバーを選択し、[OK] をクリックします。
    注: .ann/$ で終了する回線を選択するようにします。
    アナウンス宛先の選択

    これで、選択したサーバーが [MGCP Media Service] フィールドに表示されます。

  8. このページの残りのフィールドは未変更のままにしておき ([Signaling Type][Undefined] のままにしておく)、[OK] をクリックします。

    これで、新しい経路が [Routes] リストに表示されます。

  9. [Routes List] タブをクリックします。
  10. [Prioritized] チェックボックスをクリックし、[Save] をクリックします。
    優先順位を付けて経路を設定

    2 番目の経路が追加され、優先順位が割り当てられると、割り当てられた優先順位に応じて経路が選択されます。 [Prioritized] オプションを選択しないで経路を追加すると、経路はラウンドロビンスタイル (各経路が順番に選択される) で選択されます。

次のタスク

これで宛先が定義されたので、次のタスクで説明されているように、ルーティングエリアを作成します。

ルーティングエリアの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントに複数のテレフォニーアプリケーションサーバーが含まれている場合、転送領域は、Media Server ごとに作成する必要があります。ルーティングエリアを統一番号とエンドポイントプロファイルに割り当てると、Media Server のトーンとアナウンスのロードバランシングが可能になります。

始める前に

転送領域を作成する前に、Media Server の統一番号とエンドポイントプロファイルを定義します。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Translation] > [Routing Areas] をクリックします。
    [Add Routing Area] ダイアログボックスへのアクセス
  2. [追加] ボタンをクリックします。
  3. [Add Routing Area] ダイアログボックスで、[Name] フィールドに転送領域の記述名を入力します。 この例で、テレフォニーアプリケーションサーバーは、アイルランドでのみ使用されるため、RA_IRL という名前が付けられています。
    新しい転送領域への名前の追加
  4. [Save] をクリックします。
  5. 各 Media Server のルーティングエリアを追加します。
起点宛先の作成

起点宛先は、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントの起点宛先に関連付けられたすべてのインターセプトについて、転送領域を宛先にリンクします。

このタスクについて

複数のテレフォニーアプリケーションサーバーと Media Server を使用している場合でも、デプロイメント環境で必要な起点宛先は 1 つのみです。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Destinations and Routes] > [Origin Destinations]をクリックします。
  2. [Add] ボタンをクリックします。
    [Origin Destinations] ダイアログボックスへのアクセス
  3. [Origin Destinations] ダイアログボックスで、[Name] フィールドに記述名を入力し、[Save] ボタンをクリックします。
    新規の起点宛先の名前付け

    新しい起点宛先が [Origin Destinations] リストに表示されます。

  4. 新しく作成された起点宛先の前にあるチェックボックスをクリックして選択し、[Edit] ボタンをクリックします。
    起点宛先の編集

  5. [Origin Destinations] ダイアログボックスで、[Routes] タブをクリックし、[Add] ボタンをクリックします。
    起点経路の追加
  6. [Origin Route] ダイアログボックスで、[Routing Area] フィールドの横にあるボタンをクリックしてリストから転送領域を選択し、[OK] をクリックします。
    起点経路に対する転送領域の選択
  7. [Origin Route] ダイアログボックスに戻り、[Destination Type][Destination] に設定したままにします。
    新しい転送領域が [Origin Route] ダイアログボックスに表示されます
  8. [Destination Name] フィールドの横にあるボタンをクリックして宛先を選択し、[OK] をクリックします。
    宛先の選択
  9. [Origin Route] ダイアログボックスに戻り、[OK] をクリックして、新しい起点経路を保存します。
    新規の起点経路
  10. [Origin Destinations] ダイアログボックスに戻ると、新しい起点宛先が表示されます。ここで、[Save] をクリックして保存します。
    新規の起点宛先の保存
Media Server のフェイルオーバーの有効化

監査を使用可能に設定して、テレフォニー制御サーバーが障害を検査し、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで必要な他の Media Server MGCP 経路を利用できるようにします。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Administration] > [Media Servers] > [Media Server Audit] をクリックします。
    [Media Server Audit] ダイアログボックスへのアクセス
  2. [Media Server Audit] ダイアログボックスで、[Automatic Audit On] チェックボックスをクリックし、[Save] をクリックします。
    [Media Server Audit] ダイアログボックス
処置の適用

処置は、アナウンスのローカライズのためのものです。IBM Sametime Unified Telephony に用意されているスクリプトを使用して処置を適用できます。 msconf.sh スクリプトにより、テレフォニー制御サーバーの既知のインターセプトすべての処置を起点宛先に割り当てることができます。

始める前に
msconf.sh を使用して処置を割り当てるには、起点宛先がテレフォニー制御サーバーに既に作成されていて、その名前が既知である必要があります。
このタスクについて

msconf.sh スクリプトは、キューデバイスでリングバックを再生するために使用できる ASK_ME インターセプトタイプを作成します。ASK_ME インターセプトは、インターセプトの再生前に電話に応答するため、RINGBACK_TONE インターセプトとは異なります。msconf.sh スクリプトは、TCS の既知のすべてのインターセプトから処置の割り当てを解除することもできます。

インストール時に、msconf.shAssign_Treatments.txtUnassign_Treatments.txt の各ファイルが TCS の /tmp ディレクトリにコピーされます。

手順
  1. 以下のようにして、適切な実行権限を msconf.sh スクリプトに割り当てます。
    /tmp# chmod 744 msconf.sh
  2. /tmp ディレクトリに移動して、次のコマンドを実行します。
    /tmp# ./msconf.sh
  3. このスクリプトは、以下の質問をします。
    1) 行う作業を選択してください。(1) What do you want to do?) 処置の割り当て | 処置の割り当て解除 (Assign or Unassign treatments?) [1 | 2]
    -->1.1) 起点宛先の名前を指定してください [最大 15 文字]
    (1.1) Please give the name of the  origin destination [max 15 characters])
    ------->1.1.1 すぐに処置を割り当てますか?
    (1.1.1 Do you want to assign the treatments now?) [y/n]
    -->2.1) すぐに処置を割り当て解除しますか?
    (2.1) Do you want to unassign the treatments now?) [y/n]
  4. 最後の質問で Y と回答すると、スクリプトは実行を開始します。 最後に、スクリプトが実行されたかどうかを示すレポートが表示されます。
    CLI>stty: 標準入力: デバイスの ioctl が不適切です
    (CLI>stty: standard input:  Inappropriate ioctl for device)
    プロシージャーが終了しました。(The procedure is finished.)
    レポート (Report):
    処置が割り当てられました。(Treatments are assigned.)
  5. スクリプトが終了したら、スクリプトが実際にタスクを実行したかどうかを確認してください。 出力には以下の行が含まれています。
    ********* 処置の要求応答メッセージ (Treatment Request Response Message) *********
    処置 AOCBEnterProg(976)[1] がデータベースと共有メモリに作成されました
    (Created treatment  AOCBEnterProg(976)[1] in the database and shared memory)
    起点宛先がまだ TCS に作成されていなかった場合は、代わりに以下の行が表示されます。
    ********* 処置の要求応答メッセージ (Treatment Request Response Message) *********
    起点宛先  </ORIG_DEST_MS> がデータベースで見つかりません
    (Cannot find origin destination </ORIG_DEST_MS>  in the database)
    .
  6. msconf.sh スクリプトが実行されず、適切な実行許可がスクリプトに設定されていない場合は、/tmp プロンプトから次のコマンドを実行してください。
    /tmp# dos2unix msconf.sh
  7. CMP でインターセプトを確認して、[ASK_ME] の最後のページを確認します。 課金対策におけるコールインターセプトの最適化を検討してください。

テレフォニーアプリケーションサーバーの構成

テレフォニーアプリケーションサーバー (プロキシアプリケーション、レジストラアプリケーション、WebSphere Application Server の SIP プロキシアクセス、SIP Proxy/Registrarアプリケーションなど) を構成し、SIP コンテナをアクティブにします。

テレフォニーアプリケーションサーバーでの永続キャッシュの初期化

IBM Sametime Unified Telephony のデプロイメントに 新規にインストールしたテレフォニーアプリケーションサーバーで 永続キャッシュを初期化するための方法を選択します。

始める前に

テレフォニープレゼンスアダプタは、テレフォニーアプリケーションサーバーで実行されるコンポーネントです。このアダプタは、Sametime Java Toolkit の TelephonyAdapter コンポーネントを基盤としており、Sametime サーバーとテレフォニー制御サーバーの間でプレゼンス (在席確認) 情報を中継するために使用します。認識できないユーザー名は、テレフォニー制御サーバーからテレフォニーアプリケーションサーバー上の Java Toolkit に渡され、さらに Sametime Community Server に転送されて解決されます。解決された名前は、ユーザーの Sametime 状況を監視することや、ユーザーのテレフォニー状況を公開するために、ST コミュニティによって使用されます。

ユーザー名は TCS から Java Toolkit (TAS でホストされています) に渡され、さらに Sametime Community Server に渡されて解決されます。

プレゼンス (在席確認) 情報を管理するには、テレフォニープレゼンスアダプタが Sametime のコミュニティに照らして Unified Telephony ユーザーを解決する必要があります。テレフォニーアプリケーションサーバーを開始するときには、デプロイメント内のすべての Sametime Unified Telephony ユーザーを解決する必要があります。デプロイメントは多数のユーザーにサービスを提供することができるため、この処理には大量のシステムリソースが必要になる可能性があります。例えば、Sametime Unified Telephony のデプロイメントが 15,000 人のユーザーにサービスを提供する場合には、 すべてのユーザー名を解決するために 40 分かかる可能性があります。この負荷を軽減するために、テレフォニープレゼンスアダプタは永続キャッシュを利用して、解決したユーザー名に関する情報を格納しておき、後で再利用します。

永続キャッシュの設定と初期化をテレフォニーアプリケーションサーバーごとに 1 回行い、その後、必要に応じて (通常は LDAP ディレクトリ内でユーザーレコードが更新されるたびに) 各永続キャッシュを更新します。

このタスクについて

キャッシュの初期化は、テレフォニーアプリケーションサーバーを新規にインストールした後、TAS の初回の開始の後に行います。キャッシュを初期化するときには、Unified Telephony のデプロイメントにあるすべてのユーザーを解決しなければならないため、テレフォニーアプリケーションサーバーと Sametime サーバーの両方に高い負荷がかかる可能性があります。そのため、デプロイメントの負荷が低いときにこのタスクを実行するように計画してください。

注: フェイルオーバーノード以外の、デプロイメントにあるすべてのテレフォニーアプリケーションサーバーで永続キャッシュを初期化します。フェイルオーバー環境では、障害が発生したサーバーからバックアップサーバーに永続キャッシュをコピーできます (ただし、少なくとも最新バージョンの永続キャッシュがディスクに格納されている必要があります)。さらに、キャッシュに対する最新の追加内容をディスクにフラッシュする前にサーバーで障害が発生した場合は、以前の永続キャッシュを使用できます。最新の解決済みの名前がディスクに格納されていない場合は、このバージョンの永続キャッシュにもそれらの名前はありません。

永続キャッシュの初期化方法は 2 とおりあります。実行する必要があるのは、以下のタスクのいずれか一方のみです。

テレフォニープレゼンスアダプタの設定を使用した永続キャッシュの初期化

IBM Sametime Unified Telephony のデプロイメントでは、 指定した数のユーザー名を一度に解決することによって、 テレフォニーアプリケーションサーバーの永続キャッシュを一括して初期化します。

このタスクについて

解決要求を一括して送信するようにテレフォニープレゼンスアダプタを構成して、指定した数のユーザー名を解決させた後、遅延を設けてから、次の名前の集合 (チャンク) を解決させることができます。この方法により、 チャンクから次のチャンクまでに他のタスクを実行する時間が確保され、 サーバー負荷が軽減されます。各チャンクで解決させるユーザー名の数とチャンク間の遅延は、user.presence.adapter.properties 構成ファイルで以下のように定義します。

手順
  1. テレフォニーアプリケーションサーバーで /enterprise/ibm/user.presence.adapter.properties ファイルを編集用に開きます (サーバーは起動したままにしておきます)。
  2. ファイルで以下のセクションを探し、 チャンクサイズ (1 回のパスで解決する名前の数) と 遅延 (ミリ秒単位) を以下のように指定します。
    ###############################
    # 説明 - 各チャンクで送信する解決要求の数
    # 値 - 要求の数。
    # デフォルト値 - 要求 1000 件
    ###############################
    resolve.chunk.size=1000
    
    ###############################
    # 説明 - 解決要求のチャンク間で待機する時間。
    # 値 - 時間間隔 (ミリ秒単位)
    # デフォルト値 - 1 分
    ###############################
    resolve.chunk.delay=60000

    この例では、テレフォニープレゼンスアダプタは一度に 1000 件の解決要求を送信した後、1 分 (60000 ミリ秒) 待機してから次の名前のチャンクを送信します。テレフォニーアプリケーションサーバー で 15000 人のユーザーがプロビジョンされた場合は、 キャッシュの初期化に約 15 分かかります。

  3. ファイルを保存して閉じます。
  4. テレフォニーアプリケーションサーバーを再起動します。
  5. キャッシュが初期化されたら、再度ファイルを編集して、 チャンクサイズを名前 15000 件に、遅延を 10 ミリ秒にリセットします。

    今後、キャッシュは永続キャッシュから初期化され、 処理時間が短縮されるため、これらの設定値を低くしても安全です。

  6. フェイルオーバーサーバー以外の、デプロイメントにあるすべてのテレフォニーアプリケーションサーバーについてこの処理を繰り返します。
Java Toolkit CachedResolveBatchMode アプリケーションによる永続キャッシュの初期化

IBM Sametime Unified Telephony のデプロイメントでは、Java™ Toolkit CachedResolveBatchMode アプリケーションを使用して テレフォニーアプリケーションサーバーの永続キャッシュを初期化します。

このタスクについて

Sametime の Java Toolkit CachedResolve コンポーネントには CachedResolveBatchMode アプリケーションが用意されています。 このアプリケーションは、テキストファイルからユーザー名を ロードして Sametime サーバーに照らして解決することにより、 初期永続キャッシュを作成するために設計されています。 サーバーに負荷をかけないようにするために、CachedResolveBatchMode アプリケーションは 要求を任意のデータ群 (チャンク) に分割して送信します。

手順
  1. TAS で初期プロビジョニングを構成します (詳しくは、製品資料の「管理」セクションを参照してください)。
  2. そのサーバーで初期プロビジョニングを実行します。
  3. 次に、以下のように create_user_list.sh スクリプトを実行し、 プロビジョニング出力ファイルを、Sametime サーバーでユーザー名を解決するために使用できる形式に変換します。
     /enterprise/ibm/tools/create_user_list.sh input_file.CSV output_file.TXT
    ここで、
    • input_file.CSV は、初期プロビジョニングを実行したときに 生成された CSV ファイルのパスと名前です。
    • output_file.TXT は、 入力ファイルから変換した名前の格納に使用するために割り当てた名前です。 このファイルは現在のディレクトリに格納されます。
    例:
    /enterprise/ibm/tools/create_user_list.sh /opt/IBM/tivoli/tdi/solutions/SUT/output/abc.csv users.txt
    このスクリプトによって生成される出力ファイルは 以下のようになります。
    user10@hades.com
    user11@hades.com
    user12@hades.com
    user13@hades.com 
  4. ユーザーを解決する Sametime サーバーを起動します。
  5. テレフォニーアプリケーションサーバーで 以下のように init_resolve_cache.sh スクリプトを 実行し、CachedResolveBatchMode アプリケーションをアクティブにして 新しいファイルのユーザー名を解決します。
    /enterprise/ibm/tools/init_resolve_cache.sh community_name external_users_file chunk_size chunk_delay_in_ms
    ここで、
    • community_name は、ユーザー名を解決するサーバーでホストされる Sametime コミュニティの完全修飾ドメイン名です。例えば、chatserver1.us.example.com です。
    • external_users_file は、ステップ 3 で生成された出力ファイルの絶対パスと名前です (この例では "users.text" とします)。このファイルには、解決する名前が入っています。
    • chunk_size は、1 回のパスで解決する 名前の数です。
    • chunk_delay_in_ms は、 次に解決する名前の集合 (チャンク) を送信するまで待機する時間 (ミリ秒単位) です。
  6. テレフォニーアプリケーションサーバーを起動し、 永続キャッシュを初期化できるようにします。
  7. 永続キャッシュを初期化した後、テレフォニープレゼンスアダプタを変更して、 チャンクサイズを名前 15,000 件に設定し、遅延を 10 ミリ秒に設定します。

    今後、キャッシュは永続キャッシュから初期化され、 処理時間が短縮されるため、これらの設定値を低くしても安全です。

    1. 編集する /enterprise/ibm/user.presence.adapter.properties ファイルを開きます。
    2. ファイルで以下のセクションを探し、 チャンクサイズ (1 回のパスで解決する名前の数) と 遅延 (ミリ秒単位) を以下のように指定します。
      ###############################
      # 説明 - 各チャンクで送信する解決要求の数
      # 値 - 要求の数。
      # デフォルト値 - 要求 1000 件
      ###############################
      resolve.chunk.size=15000
      
      ###############################
      # 説明 - 解決要求のチャンク間で待機する時間。
      # 値 - 時間間隔 (ミリ秒単位)
      # デフォルト値 - 1 分
      ###############################
      resolve.chunk.delay=10
    3. ファイルを保存して閉じます。
  8. フェイルオーバーサーバー以外の、デプロイメントにある すべてのテレフォニーアプリケーションサーバーについてこの処理を繰り返します。

テレフォニーアプリケーションサーバーと Sametime サーバーの間の信頼を確立する

IBM Sametime Unified Telephony 内のすべてのテレフォニーアプリケーションサーバー (TAS) は、Sametime サーバーと通信するためには、事前に "「信頼できる」" と指定されていなければなりません。信頼を確立するには、TAS サーバーの IP アドレスを Sametime サーバーに追加します。TAS が特定の Sametime サーバーと通信しないようにしたい場合は、その Sametime サーバーを当該 TAS の「除外」リストに追加します。

始める前に

Sametime サーバーと通信するサーバーをインストールするときは、新規サーバーの IP アドレスを Sametime サーバーの "[コミュニティの信頼された IP]" リストに追加して、新規サーバーが Sametime サーバーとの接続を確立できるようにする必要があります。

TAS は、進行中の操作を行うために、コミュニティの各 Sametime サーバーとの接続をオープンします。 Sametime サーバーは、ユーザーのテレフォニー状況を公開し、ユーザーの Sametime 状況の変化についての通知を受け取るために使用されます。 コミュニティ内のすべての Sametime サーバーにアクセスを提供することにより、TAS は使用可能なすべてのコミュニティサーバーの中でその Sametime 要求のロードバランスを取れるようになります。これは推奨される方式です。

場合によっては、特定の Sametime サーバーを TAS が使用しないようにしたいこともあります。例えば、その Sametime が大きなコミュニティまたは"優先度の高い"ユーザーのグループにサービスを提供する場合などです。

注: 別の地理的位置にある Sametime サーバーがデプロイメントに含まれている場合は、最も近い Sametime サーバーのトラストリストに TAS を追加して、それよりも遠くにある Sametime サーバーに TAS が接続を試行しないようにできます。
このタスクについて

各テレフォニーアプリケーションサーバーを特定の Sametime サーバーに接続させるかどうかに応じて、以下のタスクを実行します。

Sametime の信頼されたサーバーのリストへのテレフォニーアプリケーションサーバーの追加

IBM Sametime Community Server ごとに、Sametime Unified Telephony デプロイメントから、「信頼された」テレフォニーアプリケーションサーバーの IP アドレスをリストします。Community Server は、信頼されたサーバーからの接続のみを受け入れます。各 Community Server が信頼するサーバーのセットは異なる可能性があるため、デプロイメントのニーズに基づいて、各 Community Server のトラストリストを個別に更新する必要があります。

始める前に

次の表を印刷し、ご使用のデプロイメントについて記入します。Sametime Community Server ごとに、すべての信頼するべきテレフォニーアプリケーションサーバーの IP アドレスをリストします。

Sametime サーバー (ホスト名)
例: stserver1.my_company.com

信頼された TAS サーバーの IP アドレス
(コンマで区切る)
例: 192.0.2.0,
198.51.100.0

   
   
   
   
手順

サーバーがクラスタリングされている場合でも、デプロイメント内のすべての Sametime Community Server について以下のステップを実行します。

  1. Integrated Solutions Console にログインします。
  2. [Sametime System Console] > [Sametime サーバー] > [Sametime Community Server] をクリックします。
  3. [Sametime Community Server] リストで、変更する Sametime Community Server のデプロイメント名をクリックします。
  4. [接続] タブをクリックします。
  5. [信頼されたサーバー] で、[新規 IP アドレス] フィールドを使用して、Sametime Community Server に接続する必要があるすべてのテレフォニーアプリケーションサーバーの IP アドレスを入力し、[追加] をクリックします。

    表に示すように、複数の IP アドレスはコンマで区切ります。

    IP アドレスをリストから削除するには、その IP アドレスを選択してから [選択済みを削除] をクリックします。

  6. [OK] をクリックします。
  7. Sametime Community Server を再起動して、変更を有効にします。
Sametime サーバーをテレフォニーアプリケーションサーバーから除外する

テレフォニーアプリケーションサーバーへの接続から「除外」する IBM Sametime Community Server のホスト名をリストします。TAS は、除外された Sametime サーバーに対しては接続を試行しません。

始める前に

次の表を印刷し、ご使用のデプロイメントについて記入します。テレフォニーアプリケーションサーバーごとに、TAS が通信から除外するべきすべての Sametime コミュニティサーバーの完全修飾ホスト名をリストしてください。

テレフォニーアプリケーションサーバー (ホスト名)

例: tas1

除外する Sametime サーバー
(完全修飾ホスト名をセミコロンで区切る)
例: stserver1.my_company.com;
stserver2.my_company.com

   
   
   
   
このタスクについて
テレフォニーアプリケーションサーバーは、除外された Sametime サーバーに対しては接続を試行しません。各 TAS が除外する Sametime サーバーのセットは異なる可能性があるため、デプロイメントのニーズに応じて、各 TAS の除外リストを個別に更新する必要があります。
手順
  1. 編集する /enterprise/ibm/st.telephony.adapter.properties ファイルを開きます。
  2. ファイル内で、以下に示す servers.exclude.list キーを見つけます。
    ###############################
    # 説明 - 接続するべきでないサーバーのリスト
    # 値 - サーバーを ; で区切ったリスト
    # デフォルト値 - Null
    ###############################
    #servers.exclude.list=TBD
  3. コメントマーカー (# 記号) を削除し、(必要に応じて)「TBD」を削除します。次に、現在の TAS から除外するべき Sametime サーバーの完全修飾ホスト名のリストを入力します。
    例えば、
    servers.exclude.list=sales_st1.us.my_company.come;sales_st2.fr.my_company.com
  4. ファイルを保存して閉じます。
  5. テレフォニーアプリケーションサーバーを再起動します。

ダイヤル計画の構成

このトピックでは、ダイヤル計画の構成に必要な 手順の概要について説明します。

このタスクについて

ダイヤル計画には、コールの転送方法を管理する グループと規則を入れます。
ダイヤル計画のダイアグラム

多くの場合、 グローバル番号計画は、ビジネスグループ間コール転送に使用し、 ビジネスグループからは分離します。

ビジネスグループの中には、 複数の番号計画が存在できます。ビジネスグループはダイヤル計画ごとに必要であり、 番号計画を 1 つ伴います。番号計画は、共通番号計画か 私設網番号計画のいずれかにすることができます。番号計画を作成すると、 すべての SUT ユーザーのための機能プロファイルを作成して 番号計画に追加できるようになります。

SUT ユーザーの使用デバイスが コンピュータに設定されている場合に着信コールを格納する場所として、 キューデバイス (複数回線ハントグループ (MLHG)) を 作成する必要があります。コールは、ユーザーがソフトフォンで 受け入れるか別のデバイスに転送するまで、MLHG に残ります。SUT のダイヤル計画を作成するには、 以下の手順を行う必要があります。

ダイヤル計画の例

このダイヤル計画には、1 つのビジネスグループと 1 つの番号計画で 構成され、3 つのエンドポイントと SUT 加入者を処理する 単一のダイヤル計画ページを示します。

サポートする番号形式のテーブル

サポートする番号形式のテーブルを使用すると、SUT で要求する番号を表すことができます。これはすべてを網羅するためのものではなく、 特に重要な番号 (SUT 番号、ソフトフォン番号、デスクトップ電話番号などの各種の形式) を強調するためのものです。サポートする番号形式のテーブルの前には、ビジネスグループと番号計画の名前を記述します。そのテーブルに続いて、このシステムの重要な番号の一部 (キューや会議に関連した番号など) があります。残りのテーブルには、 必要とされる詳細の一部があるだけですが、ダイヤル計画のコンポーネントの概要を示しています。

ダイヤル計画の例

オフィス番号の作成

IBM Sametime Unified Telephony 加入者のオフィス番号とディレクトリ番号を作成します。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Directory Numbers] > [Office Codes] をクリックします。
    [Add Office Code] ダイアログボックスへのアクセス
  2. [Office Codes] のリストで、[Add] ボタンをクリックします。
  3. [Add Office Code] ダイアログボックスの "[Add Office Code]" セクションで、[Country Code][Area Code][Local Office Code] を入力します。
    オフィス番号の追加
  4. ダイアログボックスの "[Directory Number Range]" セクションで、[Directory Number Start] フィールドと [Directory Number End] フィールドに、番号範囲の最初の値と最後の値をそれぞれ入力します。
    ディレクトリ番号範囲の追加
  5. [Business Group Name] フィールドの横にあるボタンをクリックし、リストからビジネスグループを選択して、[OK] をクリックします。
    ビジネスグループ名の選択
  6. [Save] をクリックして、新しいオフィス番号を保存します。

自宅の DN の作成

自宅のディレクトリ番号 (自宅の DN) は、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントのテレフォニー制御サーバープラットフォーム上で使用可能なディレクトリ番号です。これらは、加入者をテレフォニー制御サーバーに割り当てる前に作成する必要があります。

このタスクについて

自宅の DN は、インポートプロセス中に各ユーザーに対して自動的に作成されるため、通常のデプロイメントでは、手動で作成する必要はありません。 自分で自宅の DN を作成する必要がある場合、このトピックの手順に従ってください。

自宅の DN は、数字ストリングが SUT 加入者であることを示すために 使用します。また、該当する SUT 加入者のオフィス番号も 取ります (オフィス番号は存在していなければなりません)。ダイヤルする番号は、 自宅の DN テーブルに直接記述します。SUT 加入者ごとに、 完全修飾番号で自宅の DN を構成する必要があります。自宅の DN を作成するには、 最初にオフィス番号を作成した後、そのオフィス番号内の内線番号の範囲を 作成します。ここでの内線番号は、 範囲内に分散していても構いません。1000 で開始し、1999 で終了する 自宅の DN を作成します。両方を組み合わせると、 自宅のディレクトリ番号 (自宅の DN) という完全修飾番号になります。自宅の DN を選択する方法には 以下の 2 とおりがあります。

  • TCS で完全修飾ディレクトリ番号として既存の番号を定義する
  • 番号のセットを作成する

完全な公衆網番号 (国際標準書式 E.164 の番号) を 自宅の DN のリストに追加します。分散した番号を TCS に適用するのが 一般的です。例えば、番号の範囲が 4000 から 4999 (1000 件) であるとします。しかし、 範囲内の先頭から 5 件の SUT 番号が以下のとおりであるとします。

  • 4003
  • 4011
  • 4043
  • 4045
  • 4051

この場合、番号 4004 は 対象とする 4000 番台の範囲の中にありますが、Sametime Unified Telephony 番号ではありません。自宅の DN は それぞれ個別に作成する必要があります。後で、宛先コードを構成するときに、 自宅の DN であるかどうかを決定し、それに応じて経路を指定します。

手順
  1. CMP で、[Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Directory Numbers] > [Office Codes] に移動します。
    オフィス番号の作成
  2. [Office Codes] リストで、[Add] ボタンをクリックします。
  3. [Add Office Code] ダイアログボックスで、[Country Code][Area Code][Local Office Code] を入力し、[Save] をクリックします。
    オフィス番号情報の追加
  4. ナビゲーションツリーに戻り、[Directory Numbers] > [Home Directory Numbers] をクリックします。
    自宅のディレクトリの作成
  5. [追加] ボタンをクリックします。
  6. ダイアログボックスで、[Office Code] を選択し、[Directory Number Start] フィールドと [Directory Number End] フィールドに、内線番号範囲の最初の値と最後の値をそれぞれ入力し、[Business Group Name] を選択して、[Save] をクリックします。
    ディレクトリ番号範囲の追加
タスクの結果
自宅の DN の番号が作成されると、[Vacant] 宛先タイプで表示されます。その後、SUT 加入者を作成して リストの番号を割り当てると、自宅の DN が [End point] に (キュー番号の場合は [Service] に) 変更されます。
自宅の DN のスクリーンショット

使用可能な各種の番号計画

番号計画は、その計画で使用する番号の 形式と構成を指定します。通常は、識別、経路指定、 課金の機能に使用する特定の要素を識別するための、 いくつかのグループに分割した 10 進数の数字で構成します。

私設網番号計画は、サービス (機能) アクセスコードと 接頭部アクセスコードのほか、市内ダイヤル、国内ダイヤル、国際ダイヤル、 内線ダイヤルのロケーションダイヤルなど、 すべての特別なダイヤルとビジネスグループ固有のダイヤルに使用します。

番号計画は、ロケーション、局、サービスを識別するために、 私設網番号計画の中でも以下のように使用します。

  • 9 または 0 = PNAC (公衆網/私設網アクセスコード)
  • 91 または 00 = 国内アクセスコード
  • 9011 または 000 = 国際アクセスコード
  • 5 = 内線ダイヤル
番号計画は、TCS の変換エンジンが ダイヤルされた数字を解釈し、そのコールの適切な宛先を探すために 使用されます。ダイヤルされた数字は、常に呼び出し元の加入者 または発信元エンドポイントのコンテキストで解釈されます。
  • TCS から外部に向かうコールの場合、ダイヤルされた数字は、 加入者に属する番号計画によって解釈されるか (通話)、 コールをいずれかの関連デバイスまたは ダイヤルされた数字ストリングに転送します。
  • 加入者への着信コールの場合、ダイヤルされた数字は、 着信コールを TCS に送信したゲートウェイまたは SIP ソフトスイッチに属する 番号計画によって解釈されます。エンドポイントはそこで定義されています。

TCS は、4 階層の番号計画をサポートしています。

デフォルト

システムは、ビジネスグループの作成中に デフォルトをプロビジョンしています。ビジネスグループを作成すると、 自動的にデフォルトの番号計画が作成されます。ビジネスグループで 必要な番号計画が 1 つだけの場合は、 何もする必要はありません。複数の番号計画を使用したい場合は、 追加の番号計画を定義して、いずれかの番号計画を デフォルトの番号計画に設定することができます。デフォルトの番号計画は 削除できません。

私設網番号計画

私設網番号計画は通常、SUT 加入者、SIP ゲートウェイ、ソフトスイッチに 割り当てます。私設網番号計画にはローカル変換規則を格納します。 管理者によって作成された私設網番号計画は、 いずれもユーザー定義と呼ばれます。この私設網番号計画は、 編集してデフォルトタイプにした番号計画のコンポーネントに 依存していなければ、削除できます。この場合、デフォルトがユーザー定義になるか、 デフォルトを共通番号計画として設定できます。私設網番号計画は 加入者/エンドポイントの論理エンティティであると同時に、 ダイヤルパターンを管理するダイヤル計画でもあります。私設網番号計画は、 ビジネスグループに属する私設網の加入者によって使用される 私設網に存在します。番号計画 ID と番号計画名は、 関連したダイヤルオブジェクトとテーブルすべてを定義します。有効な ID の 範囲は 2 から 5999 までです。デフォルトの 私設網番号計画 ID は 1 (未使用) です。私設網番号計画を 異なるビジネスグループと共有することはできません。システムは最大で 5999 件の 私設網番号計画をサポートします。

共通番号計画 (CNP)

ビジネスグループごとに 1 つの 番号計画を共通番号計画に割り当てることができます。名前が示すとおり、 ここにはビジネスグループまたは企業に共通の変換規則を 格納します。これは、共通 (Common) というタイプに割り当てた オプションのユーザー定義私設網番号計画です。目的は、 データ項目の数を削減し、1 つのビジネスグループの中で 効率的に多くの私設網番号計画のデータテーブルを 使用することです。ビジネスグループの私設網番号計画は、 いずれも同じビジネスグループの共通番号計画データテーブルにしか アクセスできません。他のビジネスグループの共通番号計画に アクセスすることはできません。共通番号計画は、 他の私設網番号計画と同じ方法でグローバル番号計画に アクセスできます。

グローバル番号計画

公衆 E.164 番号計画には 特別なステータスがあります。これはグローバルレベルを構成し、 ビジネスグループが相互に通信できるようにする 変換規則を保持します。これはデフォルトの システム番号計画です。グローバル番号計画のコンポーネントは TCS 全体に共通であり、 すべてのビジネスグループと番号計画からアクセスできます。すべての ビジネスグループと私設網番号計画からアクセスする必要があるデータテーブルは、 グローバル番号計画に格納する必要があります。例えば、システム内の加入者は、 いずれも自宅のディレクトリ番号を必要とします。自宅の DN のテーブルを グローバル番号計画に格納することで、プライベートデータテーブルにある 任意のビジネスグループまたは私設網番号計画に属するすべてのユーザーが、 これらのテーブルのディレクトリ番号を取得できます。ダイヤルされた番号を TCS が 解釈するとき、番号がローカル加入者であれば、 グローバルデータ領域で検出されます。ディスプレイ番号変更テーブルも すべてのシステムユーザーに共通であり、この計画で定義します (ディスプレイ番号変更テーブルは、 呼び出し先加入者側で表示と記録が行われる発信者番号を ダイヤル可能な形式に操作するために使用します)。Media Server アナウンスも このレベルで定義します。

ビジネスグループの構成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントのテレフォニーアプリケーションサーバーによってサポートされる会社ごとに、1 つのビジネスグループを作成します。

始める前に

オフィス番号の作成タスクを完了している必要があります。

このタスクについて

ビジネスグループを作成するときに、そのビジネスグループのデフォルトのオフィス番号を入力しなければなりません。ビジネスグループの構成時に、オフィス番号、ビジネスグループ、番号計画を作成します。番号計画の中では、PAC 表、宛先コード、宛先、多重回線ハントグループ (MLHG)、エンドポイントプロファイル、エンドポイントを作成します。

手順
  1. Common Management Portal (CMP) にログインします。
  2. 以下のテレフォニーアプリケーションサーバー URL を使用して Web ブラウザを開きます。 https://TAS IP/management/
  3. [Users & Resources] > [Resources] > [Telephony Control Server Resources] > [Office Codes] をクリックします。
    オフィス番号リストへのアクセス
  4. オフィス番号のリストで、オフィス番号の前にあるチェックボックスをクリックし、[Edit] ボタンをクリックします。
  5. [Edit Office Code] ダイアログボックスで、[Overlap][International][National] の各フィールドにゼロ (0) が入っていることを確認し、[Save] をクリックします。

    国際電話と外線のアクセスには、国内電話または国際電話をかける場合に公衆交換局の回線に接続するためにダイヤルしなければならない数字が表示されます。

    [Edit Office Code] ダイアログボックス
  6. [Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] > [Directory Numbers] > [Home Directory Numbers] をクリックして、前に (自宅の DN の作成で) 作成したディレクトリ番号が、ディレクトリ番号リストで使用可能であることを確認します。
  7. [Telephony Control Server] > [Business Group] > [ビジネスグループリスト] > [ビジネスグループ] に移動します。
    ビジネスグループのリスト
  8. ビジネスグループのリストで、[Add] ボタンをクリックします。
  9. [Add Business Group] ダイアログボックスの [General] タブで、[Business Group] フィールドに固有名 (BG1 など) を入力し、[Display Number] 値を入力して、[Save] をクリックします。

    ビジネスグループの名前は、固有である必要があります。また、保存した後は変更できません。番号計画は、ビジネスグループを作成するたびに自動的に作成されます。

    [Add Business Group] ダイアログボックス
  10. ナビゲーションツリーに戻り、[Private Numbering Plans] > [Private Numbering Plans] をクリックします。

    私設網番号計画が自動生成されます。

    私設網番号計画のリスト

番号計画の作成

ビジネスグループを作成すると、 自動的に番号計画が 1 つ作成されます。

このタスクについて
ビジネスグループを作成すると、 自動的に番号計画が 1 つ作成されます。複数の番号計画を使用したい場合は、 追加の番号計画を定義して、いずれかの番号計画を デフォルトの番号計画に設定することができます。また、 使用する他のすべての番号計画に共通の転送ルールがある場合は、 共通番号計画を作成することもできます。
手順
  1. 番号計画を作成するには、[TCS] > [Business Group] > [Available Business Groups] をクリックした後、 ビジネスグループを選択します。次に、[Private Numbering Plans] > [Add] を クリックします。
  2. CMP で、[Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。
  3. [Available Business Groups] から、 番号計画を作成するビジネスグループを 選択します。
    使用可能なビジネスグループのスクリーンショット
  4. [Add] をクリックして、 ビジネスグループの番号計画を追加します。
  5. 次のページで、番号計画の名前を入力します。
    NP 名のスクリーンショット
  6. [Save] をクリックします。
  7. 複数の番号計画がある場合は、[Status] 列のドロップダウン矢印をクリックすることで、 いずれか任意の番号計画を [Default] にします。また、[Status] ドロップダウンから 特定の番号計画を共通番号計画 (CNP) として 設定することもできます。
    [Status] ドロップダウンのスクリーンショット

デフォルトの統一番号機能プロファイルの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、ビジネスグループの機能プロファイルを作成します。

手順
  1. Common Management Portal (CMP) にログインします。
  2. 以下のテレフォニーアプリケーションサーバー URL を使用して Web ブラウザを開きます。 https://TAS IP/management/
  3. ユーザー名 (administrator@system.com) とパスワードを入力します。
  4. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  5. 機能プロファイルを作成するビジネスグループを選択します。[BG Options] [Feature Profiles] とクリックします。 [追加] をクリックします。
  6. [General] タブで、[Default] にチェックマークを付けます。 [Save] をクリックします。
  7. [Add Feature Profile] ページで、Sametime Unified Telephony 加入者に必要な以下のすべてのサービスを [Yes] に変更します。
    1. Called Name Delivery
    2. Called Number Delivery
    3. Caller ID
    4. Calling Name Permanent Presentation Status
    5. Calling Number Permanent Presentation Status
    6. CSTA, type 1
    7. Call Transfer
    8. Music on Hold
    9. One Number Service (ONS)、InboundAndOutbound
    注: コール自動転送依存可能を設定している場合、加入者のコール自動転送依存可能番号を表示および変更できます (そうでない場合は、コール自動転送依存可能は動作しますが、詳細を表示できません)。
  8. [Save] をクリックする。機能プロファイルが生成されます。

キューデバイスの作成

TAS グラフィカルユーザーインターフェースを使用することにより、キューデバイスを作成できます。

このタスクについて
後の方のプロビジョニング手順で .csv ファイルに使用されるキューデバイスを作成します。キューデバイスを構成するには、以下のトピックを使用します。
ユーザーとリソースでのキュー番号の作成

キュー番号は、TAS のグラフィカルユーザーインターフェースを使用して作成します。

手順
  1. CMP で [Users & Resources] > [Users] を クリックします。
  2. ユーザーを選択するか (新規にインストールしたシステムの場合は管理者が適しています)、 新規ユーザーを作成します。
    ユーザー選択のスクリーンショット
  3. [Resources] タブに 移動し、[System Devices] セクションの下の [Add/Edit] を クリックします。
    [Resources] タブのスクリーンショット
  4. 次のページで、説明を追加し、キューデバイスの GNF 形式の電話番号を 追加します。次に [Add] をクリックします。キューデバイスが 作成されます。新規に作成したデバイスをユーザーに割り当てる 必要はありません。
    [Resources] タブのスクリーンショット
タスクの結果
ユーザーのプロビジョニングのために .csv ファイルで キューデバイスを使用できるようになっています。
キュー加入者項目の作成

このトピックでは、キュー加入者項目の作成方法について説明します。

始める前に
CSTA サービスをアクティブにする必要があります。キューデバイスの 統一番号サービスはアクティブになっていなくても構いません。このプロファイル専用加入者に対して デフォルトの機能プロファイルを使用することはできません。キュー加入者の作成は 他の加入者と類似していますが、プロファイル専用の マークを付ける必要があります。
[拡張] タブのスクリーンショット
このタスクについて
使用する番号は、必ずしも公衆網の番号でなくても 構いません。ただし、いずれの SUT 加入者からも ダイヤル可能でなければなりません。そうでない場合は、 番号計画ごとにキュー番号を作成する必要があります。キュー加入者項目は、 以下の手順に従って TCS アシスタントの画面を使用して 作成する必要があります。
手順
  1. CMP で、[Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。
  2. 使用可能なビジネスグループから、キュー加入者項目を作成する ビジネスグループを選択します。
  3. [Available Private Numbering Plans] から 番号計画を選択します。
  4. 次に、[Members] > [Subscribers] > [Add] を クリックし、キュー加入者項目を追加します。
    加入者のスクリーンショット
  5. 次のページで、[Office Code][Extension] を 入力します。例えば、キュー番号が +353 1 815 9999 の場合は 以下のような画面が表示されます。
    オフィス番号のスクリーンショット
  6. キューの表示名を適宜入力します。
多重回線ハントグループの作成

このセクションでは、多重回線ハントグループの作成方法について説明します。

始める前に
キュー加入者を作成します。
このタスクについて
このグループは、グループ内で次の空き回線を見つけるために使用されます。 アナウンスとトーンを再生するための空き Media Server 回線を見つける場合にも使用されます。呼び出し音は Media Server から再生されます。これは、顧客アナウンスのような他の処置に置き換えられる場合があります。
手順
  1. CMP で、[Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. 多重回線ハントグループを作成するビジネスグループを選択します。
  3. [Teams] > [Hunt Groups] をクリックします。[Add] をクリックします。
    ハントグループ
  4. [General] タブで、[General Parameters] を追加します。一部のパラメータはデフォルト値として表示されます。
  5. [Subscriber ID] を入力します (例: +353 1 815 9999)。キュー用に作成された SUT 加入者ディレクトリ番号が加入者 ID として提供されます。
    加入者 ID
  6. [Intercept Announcements] の隣にある [...] をクリックします。
  7. ASK_ME インターセプトアナウンスを選択します。 [OK] をクリックします。
    インターセプトアナウンス
  8. [Hunt Type][Manual] に設定します。
  9. [Status][NotBusy] と設定します。
  10. [Save] をクリックします。 ハントグループが作成されましたが、メンバーはありません。

コール転送コンポーネントの作成

ダイヤル計画、接頭部アクセスコード、エンドポイント、宛先、経路などのコール転送コンポーネントを IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで作成します。

ダイヤル計画は、ユーザー要件に応じてコールを転送するために 番号計画内で一連の規則を定義したものです。このダイヤル計画は、 ビジネスグループを 1 つだけと、私設網番号計画 (PNP) を 1 つだけ 持ちます。サポートと転送が必要な 一連の数字のパターンがあります。数字のパターンは以下のいずれかです。

  • Sametime Unified Telephony 番号 — Sametime Unified Telephony ユーザーのパターンに一致する番号はすべて、定義された番号のリストと突き合わせられます。一致すると、 コールが転送されます。
  • 外線番号 — この番号は、公衆網の番号か、他の PBX でサポートされる 私設網の番号にすることができます。Sametime Unified Telephony には、PBX または SIP ゲートウェイを指すエンドポイントが少なくとも 1 つあります。PBX を指す エンドポイントが 1 つしかない場合の転送は単純です。Sametime Unified Telephony によって 直接サポートされる番号のパターンでない場合は、その PBX に転送されます。
  • 内部的にサポートされる番号 — Sametime Unified Telephony 番号のセットでカバーされない 内部的にサポートされる番号がいくつか存在します。これらは以下のとおりです。
    • ソフトフォンの番号 — ソフトフォン接頭部に追加して 個人用にするための Sametime Unified Telephony 番号。
    • キュー番号 — 各 Sametime Unified Telephony システムはキュー番号を持っています。 通常、キュー番号は SUT 番号の範囲内にあり、同じ形式を取ります。
    • 会議ブリッジとローカルパークスロットの番号 — これらの番号はテレフォニー制御サーバーによって処理され、Media Server 会議に直接転送されます。
ダイヤル計画
ダイヤル計画の構成は、 以下のものから構成する一連の規則です。
  • 接頭部アクセスコード
  • 宛先コード
  • 宛先
  • 経路
  • エンドポイント
番号が単一の番号計画システムを経由する場合のワークフローは、 いくつかの方法で処理できます。一般に、 コールはエンドポイント (お客様の PBX、WebSphere Application Server SIP プロキシ、 または Media Server 会議エンドポイント) に転送されます。また、 一般にコールは SUT 加入者にも転送されます。番号が加入者に到達するまでには、 いくつかの段階を経由する必要があります。ここでは基本的な流れを 示します。
基本的なコールの流れ
番号は、 接頭部アクセスコードで始まります。一致するものが見つかり、 変換またはタグ付け (アドレスの性質の設定など) が適用された場合は、 別の番号計画に移動できます。通常は宛先コードに 移動します (ここで示す例もそれに該当します)。宛先コードで、 一致するものが見つからなければなりません。通常、その宛先は、 加入者 (自宅の DN と示されています) または宛先の 2 種類のうち、 いずれか一方でしかありません。SUT 加入者 (自宅の DN) に転送する場合、 ダイヤル計画で必要な処理はこれ以上ありません。宛先に転送する場合は、 その宛先によってエンドポイントに振り向けられます。番号は、 経路を経由するエンドポイントを指します。
接頭部アクセスコード (PAC)
番号の処理は、 必ず PAC テーブルから開始されます。番号が番号計画に到達すると、PAC テーブルの 値と突き合わせられます。一致しない場合は拒否されます。PAC テーブルは、 番号を正規化する段階と見なすことができます。ダイヤル計画の設計によっては、 すべての番号を特定の形式に正規化すると便利なことがあります。着信した番号は、 以下のようなさまざまな形式のいずれかになっています (これ以外の形式も考えられます)。
  • 国際形式
  • 国内形式
  • 市内形式
  • 私設の内線
  • 部署や接続制御コードが前に付いた内線

PAC 項目では、 これらの番号を変換してタグ付けすることができます。PAC テーブルでは、 特定の番号パターンの突き合わせ、番号の数字の追加や削除、 国内番号または国際番号とのタグ付けが可能です。

宛先コード

宛先コードは、番号の転送先を サーバーが決定した結果です。ここでは、加入者 (自宅の DN など) に送信するか、考えられる多くの宛先 (IBM WebSphere Application Server SIP プロキシ、会議ブリッジ、お客様の PBX、それ以外の PBX など) の 1 つに送信するかが決定されます。

宛先

宛先は、コールの回線の終端です。コールが宛先に到達すると、 それ以上の決定は行われなくなります。いずれのエンドポイントにも 必ず宛先がなければなりません。ただし、必ずこのとおりでなければならないわけではなく、 特に複数の番号計画がある場合はこの限りではありません。

経路

経路は、宛先をエンドポイントに振り向ける メカニズムです。経路は、その経路が属する番号計画にかかわらず、 システム内の任意のエンドポイントを指すことができます。Sametime Unified Telephony では、宛先からエンドポイントまでの経路は 1 つです。多くの宛先に、 同じエンドポイントを指す経路を指定できます。例えば、会議ブリッジ番号が 2 つあり、 まったく異なっているとします。それぞれに宛先を 定義してあります。しかし、これらの宛先は両方とも 同じエンドポイントを指していなければなりません。

エンドポイント

エンドポイントは、1 人以上のユーザーをビデオ会議に接続するデバイスです。エンドポイントは、単一のユーザーのデスクトップ上に存在する場合も、ユーザーのグループが共有する会議室に存在する場合もあります。

エンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントの 1 つ以上のエンドポイントを作成します。

このタスクについて
エンドポイントを作成する前に、そのエンドポイントが属するエンドポイントプロファイルを作成する必要があります。
ヒント: 後でエンドポイントを新しい番号計画に移動する場合は、エンドポイントプロファイルを移動するだけで、エンドポイントが一緒に移動します。
エンドポイントプロファイルの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントでは、エンドポイントは、PBX、Sametime Media SIP Proxy and Registrar サーバー、Sametime Unified Telephony オフボード Media Server に接続できます。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. [Available Business Groups] ドロップダウンメニューから、適切なビジネスグループを選択します。
  3. [Profiles] > [Endpoint Profiles] > [Add] をクリックします。
  4. [Add Endpoint Profile] ダイアログボックスの [Name] フィールドに記述名を入力します。
    エンドポイントプロファイルの追加
  5. [Management Information] セクションで、[Routing Area] フィールドの横にある [...] ボタンをクリックし、エンドポイントプロファイルのルーティングエリアを選択します。
  6. [Save] をクリックします。
エンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、エンドポイントは、PBX、IBM WebSphere Application Server SIP プロキシ、IBM Sametime Media Server に接続できる会議エンドポイントを作成します。

このタスクについて

エンドポイントの作成に必要なステップは、使用しているハードウェアによって異なります。

PBX エンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony を顧客の PBX またはゲートウェイに接続するためのエンドポイントを定義します。

始める前に
エンドポイントを作成するには、以下の情報が必要です。
  • シグナリング IP アドレス
  • ポート番号
  • 認証を使用するかどうか
  • 使用するプロトコル
このタスクについて

エンドポイントは、Common Management Portal (CMP) を使用して作成します。追加の設定が必要な場合は、Command Line Interpreter (CLI) を使用してタスクを完了するように指示されることがあります。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. [Available Business Groups] リストから、 適切なビジネスグループを選択します。
  3. [Members] > [Endpoints] > [Add]をクリックします。
  4. [Add Endpoint] ダイアログボックスに入力し、新しいエンドポイントを保存します。
SIP Proxy and Registrar のエンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、Sametime Standard デプロイメントの SIP Proxy and Registrar 用エンドポイントを作成し、ソフトフォン通話に使用できるようにします。

始める前に

バージョン 8.5.2 から、Sametime Unified Telephony は Sametime Standard デプロイメントによって提供される SIP Proxy and Registrar を使用するようになりました。各テレフォニーアプリケーションサーバーが独自の SIP Proxy and Registrar と共にインストールされていた以前のリリースとは異なり、Sametime Unified Telephony デプロイメント全体で単一のインスタンスを使用し、さらにこれを Sametime Standard デプロイメントに共有します。ご使用の Sametime Standard デプロイメントに SIP Proxy and Registrar が含まれていない場合は、SIP Proxy and Registrar サーバーのインストールの説明に従って今すぐインストールできます。

手順
  1. テレフォニーアプリケーションサーバーで、CMP にログインします。
  2. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  3. [Available Business Groups] リストから、 適切なビジネスグループを選択します。
  4. [Members] > [Endpoints] > [Add]をクリックします。

    ここからは、SIP Proxy and Registrar のエンドポイントを作成します。

  5. [General] タブを選択します。
    1. [名前] フィールドに記述名を入力します。
    2. [Registered] チェックボックスを選択します。
    3. [Profile] フィールドの横にある [...] ボタンを選択し、新しく作成したエンドポイントのプロファイルを選択します。
      [General] タブの画面キャプチャ
    4. [OK] を選択します。
      [General] タブの画面キャプチャ
  6. 次に、[LDAP] タブを選択します。
    1. [IP address or FQDN] フィールドで、SIP プロキシの IP アドレスを 指定します。
    2. [Port] フィールドで、SIP プロキシの ポート番号 (5060 など) を指定します。

      SIP Proxy and Registrar で使用するポートの判別については、SIP Proxy and Registrar が使用するポートの判別を参照してください。

    3. [Transport Protocol] リストで、[TCP] または [MTLS] のいずれかを選択します ([UDP] はサポートされていません)。
    4. [SIP] タブの [Security] セクションで [Add] ボタンを 選択します。
    5. [SIP Configuration] ポップアップダイアログで [Trusted entity] チェックボックスを選択します。
      [SIP] タブの画面キャプチャ
    6. [OK] を選択します。
      [SIP] タブの画面キャプチャ
  7. [Alias] タブを選択します。
    1. [Add] ボタンを選択し、 ポップアップダイアログの [Name] 属性に 別名を入力します。

      別名には SIP Proxy and Registrar の IP アドレスを使用します。

      [Alias] タブの画面キャプチャ
    2. [OK] を選択して別名を保存します。
      注: SIP トランクを構成する場合は、必ず別名を指定する必要があります。
  8. [保存] をクリックして新しいエンドポイントを保存します。ダイアログが表示され、 エンドポイントが正常に作成されたことが示されます。
SIP Proxy and Registrar が使用するポートの判別

SIP Proxy and Registrar が使用するポートを判別することにより、IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントがそのサーバーと連動するよう構成できるようにします。

このタスクについて

使用されているポートを判別する手順は、SIP Proxy and Registrar のデプロイ方法によって異なります。

スタンドアロンサーバー: 以下の手順に従って SIP Proxy/Registrar が使用する SIP ポートを判別します。
  1. Deployment Manager の Integrated Solutions Console にログオンし、[サーバー] > [サーバー・タイプ] > [WebSphere Application Server] をクリックします。
  2. アプリケーションサーバーの表で、SIP Proxy and Registrar アプリケーションがインストールされているサーバーの名前をクリックします。
  3. [構成] タブで、[通信] セクションを探し、[ポート] を展開します。
  4. [ポート] 表で以下の設定を探し、次のタスクで使用できるようにメモします。
    • SIP_ProxyRegHOST (TCP の場合)
    • SIP_ProxyReg_SECURE (セキュア SIP ポート - TLS の場合)
クラスタリングされたサーバー: 以下の手順に従って SIP Proxy/Registrar クラスタと連動する WebSphere Proxy Server が使用する SIP ポートを判別します。
  1. Deployment Manager の Integrated Solutions Console にログオンし、[サーバー] > [サーバー・タイプ] > [WebSphere Application Server] をクリックします。
  2. アプリケーションサーバーの表で、SIP Proxy and Registrar クラスタの前で稼働する WebSphere Proxy Server アプリケーションがインストールされているサーバーの名前をクリックします。
  3. [構成] タブで、[通信] セクションを探し、[ポート] を展開します。
  4. [ポート] 表で以下の設定を探し、次のタスクで使用できるようにメモします。
    • PROXY_SIP_ADDRESS (TCP の場合)
    • PROXY_SIPS_ADDRESS (セキュア SIP ポート - TLS の場合)

ロードバランシングされたサーバー: ご使用のロードバランサで構成されている SIP ポートをメモします。

Cisco Call Manager 用のエンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony からのコールを接続するための Cisco Call Manager 用エンドポイントを作成します。

このタスクについて

CMP を使用してエンドポイントを作成し、CLI を使用して RTP パラメータ [Srx/Sip/ZeroIpOnHold]0 に設定し、[CCM endpoint attribute Pre-Condition Signaling]1 に設定します。

手順
  1. 以下のようにして CMP を使用してエンドポイントを作成します。
    1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
    2. [Available Business Groups] リストから、 適切なビジネスグループを選択します。
    3. [Members] > [Endpoints] > [Add]をクリックします。
    4. [Add Endpoint] ダイアログボックスに入力し、新しいエンドポイントを保存します。
  2. CLI を使用して、以下のように追加の設定を指定します。
    1. コマンドラインインターフェースを開き、sysad としてログインします。
    2. [Main Menu]1 を選択します。
    3. [Configuration Management] メニューで 1 を選択します。
    4. [Configuration Parameters] メニューで 3 を選択します。
    5. [Modify Parameter] プロンプトで Srx/Sip/ZeroIpOnHold と入力します。
    6. value max length <2047>:」という行に 0 と入力し、選択内容を確認します。
    7. [Main Menu] に戻り、オプション 6 を選択します。
    8. [Application-level Management] メニューで 5 を選択します。
    9. [Zone Management (methods)] メニューで 2 を選択します。
    10. [Change SIP endpoint attributes as bitmap sums? (default: true):] という行が表示されるまで Enter キーを押し、false と入力します。
    11. [Pre-condition Signaling] という行が表示されるまで [Enter] キーを押し、1 と入力します。
コマンドラインインターフェースセッションの例を示します。ユーザーによる 入力は 強調表示されたテキスト で示します。
Login to startCLI:
adsa107n1:~ #  su - srx 
srx on adsa107n1 using /dev/pts/0 ...
adsa107n1:/unisphere/srx3000/srx (376> startCli

Login:  sysad 

Main Menu:

	Configuration Management.........................1
	Fault Management......................................2
	Performance Management..........................3
	Security Management..................................4
	System Management...................................5
Application-level Management.....................6
Open Logfile...............................................94
Show Callback Output................................95
Wait for Callbacks......................................96
Change Password......................................97
Expert Mode...............................................98
Exit.............................................................99

Selection:  1 

Configuration Management:

Configuration Parameters............................1
Logging........................................................2
Return........................................................99

Selection:  1 

Configuration Parameters (methods):

browseParameterNames............................1
getParameterInfo........................................2
modifyParameter........................................3
createParameter.........................................4
deleteParameter.........................................5
loadConfigVersion......................................6
removeConfigVersion.................................7
getAllSavedConfigVersions........................8
saveCurrentConfigVersion.........................9
Return......................................................99

Selection:  3 
modifyParameter:

name :  Srx/Sip/ZeroIpOnHold 

invariant settings:

name : Srx/Sip/ZeroIpOnHold
type : PARM_INT
usage : PARM_USAGE_CUSTOMER
lastUpdateMillis : 10.Sep.2009 11:37:28h (000 msec)
changeId : 0
descriptionString:

modifying variable parameters:
current value: 1
value <max length: 2047>:  0 
Do you want to execute this action? (default: yes):

executing method modifyParameter...

Ok.

Press <Return> to continue
(Hit enter on all other lines until change is saved)
この セッション例では、CCM エンドポイント属性 PreCondition Signaling を 1 に 設定する方法を示します。
Main Menu:

Configuration Management...........................1
Fault Management........................................2
Performance Management...........................3
Security Management...................................4
System Management....................................5
Application-level Management......................6
Open Logfile................................................94
Show Callback Output.................................95
Wait for Callbacks.......................................96
Change Password.......................................97
Expert Mode................................................98
Exit..............................................................99

Selection:  6 

Application-level Management:

Softswitch Management.....................................1
Signaling Management......................................2
Media Gateway Management............................3
Rate Area and Class of Service.........................4
Zone Management.............................................5
Translation/Routing Management......................6
Feature Management.........................................7
Network Element Security Management............8
Network Traffic Management.............................9
PCL Management...........................................11
Return.............................................................99

Selection:  5 

Zone Management (methods):

Create Endpoint...............................................1
Modify Endpoint...............................................2
Remove Endpoint............................................3
Display Endpoint..............................................4
Create Alias.....................................................5
Remove Alias..................................................6
Display Alias....................................................7
Create Zone (Gatekeeper)..............................8
Modify Zone....................................................9
Remove Zone...............................................10
Display Zone.................................................11
Display Endpoint Profile................................12
Static SIP endpoint FQDNs Lookup..............13
Display SIP Endpoint Contact.......................14
Display SIP Endpoint Statistics.....................15
Return...........................................................99

Selection:  2 

Endpoint Name <15 chars> (default: ): EP_MY_CUCM
Registration type <STATIC=1|DYNAMIC=2|UNCHANGED=-1 (min: -1 max: 2)> 
(default: -1):
Registration Status <NOT_REGISTER=1|REGISTER=2|UNCHANGED=-1 (min: -1 max: 
2)>(default: -1):
Transport Protol <UNDEFINED=0|UDP=1|TCP=2|TLS=4|UNCHANGED=-1 (min: -1 max: 4)>
(default: -1):
Signaling Primary IPAddress <xxx.xxx.xxx.xxx|FQDN format|DomainName|_ for 
unchanged> (default: _):
Signaling Primary Port <range 0-65535, any unused port> (default: -1):
Signaling Secondary IPAddress <xxx.xxx.xxx.xxx|0.0.0.0 for empty IP 
address|FQDN format|_for unchanged> (default: _):
Signaling Secondary Port <range 0-65535, any unused port> (default: -1):
Max number of SIP Sessons <Max number sessions allowed per subscriber 
(min: -1 max: 10000)> (default: -1):
Max number of SIP Originating Sessions <Max number sessions allowed per 
Endpoint (min: -1 max: 5000)> (default: -1):
Max number of SIP Terminating Sessions <Max number sessions allowed per 
Endpoint (min: -1 max: 5000)> (default: -1):
Network Server Failover Support (Yes/No) <NO=0|YES=1|UNCHANGED=-1 
(min: -1 max: 1)> (default: -1):
Change SIP endpoint attributes as bitmap sums? (default: true): false
Change SIP endpoint attributes one by one? (default: true):
Originating Tenant Group required <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Calling Party Category required <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Send OLI as SIP-OLI <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Send OLI as ISUP-OLI <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Ignore Ingress CPC OLI <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Ignore Incoming OTG <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
UPDATE conf dialogs supported <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Send resp during session updates <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
SIPQ Signaling supported <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
3GPP IMS Endpoint <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1):
Pre-condition Signaling <0=false|1=true|-1=unchanged> (default: -1): 
 1 
Siemens HiPath 4000 用のエンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony からのコールを接続するための Siemens HiPath 4000 用エンドポイントを作成します。

このタスクについて

以下のようにして CMP を使用してエンドポイントを作成します。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. [Available Business Groups] リストから適切なビジネスグループを選択します。
  3. [Members] > [Endpoints] > [Add]をクリックします。
  4. [Add Endpoint] ダイアログ・ボックスで、以下のように一般的な設定を入力します。
    1. [全般] タブをクリックします。
    2. [General] タブで、[Registered] をクリックします。
    3. [Profile] フィールドの横にある [...] ボタンをクリックし、リストから該当するエンドポイントプロファイルを選択して、[OK] をクリックします。
  5. 以下のように SIP の設定を入力します。
    1. [SIP] タブをクリックします。
    2. [SIP] タブで、[SIP-Q Signaling] をクリックします。

      SIP-Q シグナリングを使用する場合、[Type] はデフォルトで [Dynamic] に設定されていて、[Type] フィールドと [Signaling Address Type] フィールドは、ともに使用不可になっています。

  6. 以下のように HiPath 4000 エンドポイントの別名を作成します。
    1. [Alias] タブをクリックします。
    2. [追加] ボタンをクリックします。
    3. [Name] フィールドにエンドポイントの説明を入力します。

      [Type] フィールドはデフォルトで SIP URL に設定され、使用不可になっています。また、[Registration type] フィールドはデフォルトで [Static] に設定され、こちらも使用不可になっています。

    4. [OK] をクリックして別名を保存します。
  7. [Save] ボタンをクリックして新しいエンドポイントを保存します。
接頭部アクセスコードの作成

このセクションでは、システムが管理するさまざまな数値 (ソフトフォンとその接頭部を含む) を処理するための接頭部アクセスコード表を作成する方法について説明します。

手順
  1. Common Management Portal (CMP) にログインします。
  2. 以下のテレフォニーアプリケーションサーバー URL を使用して Web ブラウザを開きます。https://TAS IP/management/
  3. ユーザー名 (administrator@system.com) とパスワードを入力します。
  4. [Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。
  5. 接頭部アクセスコード (PAC) 表を作成するビジネスグループを選択します。[使用可能な私設網番号計画 (Available Private Numbering Plan)] を選択します。[接頭部アクセスコード] を選択します。[追加] をクリックします。
  6. [全般] タブで、ビジネスグループの接頭部コードパラメータを入力します。番号計画を参照してください。
  7. 以下のパラメータは、単に例として示したものです。
    1. 接頭部アクセスコード: 0
    2. 最小長: 3
    3. 最大長: 24
    4. 桁位置 (Digit Position): 1
    5. 挿入する数字 (Digits to Insert): 4989
    6. 接頭部タイプ (Prefix Type): オフネットアクセス (Off-net Access)
    7. アドレスの性質: 国際 (International)
    8. 宛先タイプ: なし
  8. [Save] をクリックします。
  9. 引き続き、番号計画表からアクセスコードを追加します。 追加するたびに保存すると、それらのアクセスコードが [接頭部アクセスコード] メニューにリストされます。
宛先コード表の作成

このセクションでは、宛先コード表の作成方法について説明します。この表は、例えばトラフィック識別桁がないなど、標準化された国際番号についての分析を実行するために使用されます。

手順
  1. Common Management Portal (CMP) にログインします。
  2. 以下のテレフォニーアプリケーションサーバー URL を使用して Web ブラウザを開きます。 https://TAS IP/management/
  3. ユーザー名 (administrator@system.com) とパスワードを入力します。
  4. [Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。
  5. 宛先表を作成するビジネスグループを選択します。[使用可能な私設網番号計画 (Available Private Numbering Plan)] > [変換 (Translation)] > [宛先コード] を選択します。[追加] をクリックします。
  6. [全般] タブで、PAC 表名を入力するか、宛先コードの隣にある [...] をクリックして、リストから宛先コードを選択します。[OK] をクリックします。
  7. 以下のパラメータは、単に例として示したものです。
    1. 宛先コード: 498961506
    2. アドレスの性質: 国際 (International)
    3. ルーティングエリア (Routing Area): RA_TAS1
    4. 宛先タイプ: 自宅の DN (Home DN)
    5. オフィス番号: +49 (89) 6150
  8. [保存] をクリックする。宛先コード 498961506 を使用して、別の宛先コードを作成します。[保存] をクリックします。
  9. [全般] タブで、Sametime Unified Telephony 接頭部を追加します。[保存] をクリックします。
    1. 宛先コード: 6981
    2. アドレスの性質: 国際 (International)
    3. ルーティングエリア (Routing Area): RA_TAS1
    4. 宛先タイプ: 宛先
    5. 宛先名: DEST_TAS1
  10. [Save] をクリックします。
宛先の作成

宛先は、ネットワークに接続されていないトランクを定義するために使用されます。経路は宛先の中に作成され、 その宛先に対するシグナリングトラフィックを処理します。

このタスクについて
宛先は、必ず正しい番号計画の中に 作成してください。宛先を作成するには、以下のステップを実行します。
手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。[Available Business Groups] ドロップダウンメニューから、 適切なビジネスグループを選択します。[Available Private Numbering Plan] ドロップダウンメニューから、 適切な番号計画を選択します。
  2. [Destinations and Routes] > [Destination] > [Add] を クリックします。
  3. [Destination] ダイアログで [Name] 属性の値を 指定します。
    宛先のスクリーンショット
  4. [Save] を選択します。
  5. ダイアログが表示され、宛先が正常に作成されたことが 示されます。
    成功ダイアログ
経路の作成

経路は、宛先からエンドポイントまでのリンクを提供するために使用されます。経路を作成するには、前のトピックで作成された宛先を編集します。

始める前に
宛先を作成しておきます。エンドポイントも作成しておいてください。前のトピックを参照してください。
手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
    1. [Available Business Groups] ドロップダウンメニューから、 適切なビジネスグループを選択します。
    2. [Available Private Numbering Plan] ドロップダウンメニューから、 適切な番号計画を選択します。
  2. [Destinations and Routes] > [Destinations] をクリックします。宛先ダイアログで、最近作成された宛先を選択します。次に、[Routes] タブを選択し、[Add] をクリックします。
    宛先とルート
  3. [Routes] タブでは、以下の属性の値を指定する必要があります。ID 属性には数値を指定します。ID 番号は昇順で使用し、優先度が最も高い経路が最も低い ID 番号となるようにしてください。「SIP エンドポイント」属性フィールドの横の [...] ボタンを選択します。開いたダイアログで、適切な番号計画を選択します。この例では、NP_BG_TAS02 を選択します。
    経路
  4. [OK] を選択します。[OK] を選択すると、その番号計画に関連したエンドポイントのリストを示す別のダイアログが開きます。
    エンドポイント
  5. [OK] を選択します。[Route] ダイアログは、次のような外観です。
    経路ダイアログ
  6. [Save] を選択します。
  7. TAS ノードに複数の経路が割り当てられている場合 (例えば、複数の Media Server が TAS 用に構成されている場合) は、経路リストに優先順位を付ける必要があります。
    優先順位付け

テスト用に加入者を追加する

多重回線ハントグループ (MLHG) を作成する前に、加入者を作成する必要があります。

手順

  1. Common Management Portal (CMP) にログインします。
    1. ブラウザを開き、テレフォニーアプリケーションサーバー (https://TAS_IP/management/) にナビゲートします。
    2. 管理者ユーザー名 (administrator@system.com) とパスワードを使用してログインします。
  2. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  3. 宛先表を作成するビジネスグループを選択します。
  4. [Available Private Numbering Plan to Members] > [Subscribers] をクリックします。
  5. 以下のようにして加入者を追加します。
    1. [追加] をクリックします。
    2. [General] タブで、一般パラメータを追加します。
    3. [Save] をクリックする。
    4. [Advanced] タブで、拡張パラメータを追加します。
    5. [Services] タブで、統一番号が [No] に設定されていることを確認します。
    6. [Save] をクリックします。
  6. ステップ 5 を繰り返して、加入者をさらに 2 人作成します。今度は、SIP 電話あり、プロファイルなしで、異なる内線番号を使用します。

単純通話テストの実施

Sametime Unified Telephony を使用して通話できることを確認するには、ここの表に示すテストを単一の TAS のユーザーと行い、さらに複数の TAS のユーザーとも行います。

このタスクについて

この表では、テストを以下のように読んでください。
  • A -> B は、「A」が「B」を呼び出す 1 つのテストを意味します。
  • A <-> B は、「A」が「B」を呼び出し、「B」が「A」を呼び出す 2 つのテストを意味します。 ここで、A と B は Sametime コンピュータ電話、Sametime 携帯電話、デスクトップ電話などです
例えば、1. 「Sametime コンピュータ電話 -> Sametime デスクトップ電話」は、「使用デバイスとして Sametime コンピュータ電話が選択されている Sametime クライアントから、 使用デバイスとしてデスクトップ電話機の番号が選択されている Sametime クライアントへの通話」を意味します。2. 「Sametime コンピュータ電話 -> 携帯電話」は、 使用デバイスとして Sametime コンピュータ電話が選択されている Sametime クライアントから 携帯電話番号への通話を意味します。
テスト 同一の TAS の中で TAS をまたいで
Sametime コンピュータ電話 -> Sametime コンピュータ電話 X X
Sametime デスクトップ電話 -> Sametime デスクトップ電話 X X
Sametime 携帯電話 -> Sametime 携帯電話 X X
Sametime コンピュータ電話 <-> Sametime デスクトップ電話 X X
Sametime コンピュータ電話 <-> Sametime 携帯電話 X X
Sametime デスクトップ電話 <-> Sametime 携帯電話 X X
Sametime コンピュータ電話 -> デスクトップ電話 X  
Sametime コンピュータ電話 -> 携帯電話 X  
Sametime コンピュータ電話 -> キュー番号 X  
デスクトップ電話 -> キュー番号 X  
携帯電話 -> キュー番号 X  

会議の構成

ユーザー電話会議をサポートするように IBM Sametime Unified Telephony を構成します。

始める前に

基本的なコンピュータ通話とデスクトップ電話が両方とも正常に機能していることを確認します。 基本的なコールが機能する場合は、インターセプトも機能します。

このタスクについて

会議の用語

会議とは、電話での 1 つの通話に 3 人以上が参加することです。「臨時」会議は、通常事前に準備されない会議であり、随時行うことができます。臨時会議の作成方法には、 以下の 3 とおりがあります。
  • Unified Telephony のユーザーが他の複数の連絡先を選択した後 (相手は必ずしも Sametime Unified Telephony を使用している必要はありません)、通話するオプションを選択し、3 者全員を会議に呼び出す。これを「ワンクリックでの会議参加」と呼びます。
  • Unified Telephony のユーザーが別の 1 人と通話しているときに、 現在の通話に別の相手を含めることに決める。会議が作成され、 元の 2 人の参加者が自動的にその会議に転送され、3 番目の相手が呼び出されて 会議に参加します。通常、この処理は既存の双方向通話に 追加のユーザーをドラッグしたときに行われるため、 これを「ドラッグアンドドロップでの会議参加」と呼びます。
  • Unified Telephony のユーザーが通話しているときに、 別の電話がかかってくる。Unified Telephony のユーザーが 最初の通話を一時停止して 2 番目の相手と通話し、 両方の通話を 1 つの通話に結合することに決めます。会議が作成され、3 者全員が 自由に会話できるようになります。これを「コールの統合」と呼びます。
会議機能を 設定する前に、2 つの会議番号を設定する必要があります (この後の トピックで説明します)。
  • 会議ブリッジ番号 — 公衆アクセスが可能な番号。 ワンクリックでの会議参加の通話に使用します。
  • ローカルパークスロット番号 — 私設網の番号。 ドラッグアンドドロップでの会議参加に使用します。

次に、 これらの会議通話を使用可能にするために 必要な 5 つのアクションを行います。

Media Server での会議の有効化

Media Server との接続を確立し、 さらに Media Server 会議機能に割り当てた番号との接続を確立するには、 このトピックを参照してください。

Media Server 接続の作成

構成を完了するには、Media Server を テレフォニー制御サーバーに接続する必要があります。

手順
  1. Media Server 会議に対する接続を作成するには、[Operation & Maintenance] > [Configuration & Monitoring] > [Telephony Control Server Configuration] > [Media Server Connections] > [Add] に 移動します。
    Media Server 接続作成のスクリーンショット
  2. 次の画面で、[TAS Node – Small Deployment] を 選択します。[Add] をクリックして 接続を追加します。
    Media Server 接続作成のスクリーンショット
  3. この会議接続の接続名を入力します。 BCom プロバイダを [MSProv1] に 設定します。
    接続名入力のスクリーンショット
  4. 新しい接続の名前が [Cluster Connections] の下に 表示されます。[Save] をクリックして 終了します。
    クラスタ接続のスクリーンショット
会議番号のバインド

最後のセクションで作成した Media Server のノードのリストの項目を使用して、Media Server 会議の詳細を構成します。

手順
  1. [List of Nodes] の項目をクリックすることで ノードのウィンドウを開きます。
    ノードのリストのスクリーンショット
  2. [Address Binding] タブに移動します。会議番号と ローカルパークスロット番号を設定します。端末の番号を クリックします。ウィンドウが開き、 正しい完全修飾 GNF 番号 (+ を含む) を 設定できます。
    [Address Binding] タブのスクリーンショット
  3. 番号を設定したら [Save] をクリックします。 更新後の番号が [Address Bindings] テーブルの [Expressions] 列に 表示されます。会議ブリッジとローカルパークスロット番号の両方について この手順を繰り返します。
    会議ブリッジのスクリーンショット
  4. [Save] をクリックします。ノード管理ページが 表示されます。[Providers] タブを クリックし、[IP Telephony (SIP)] リンクを 選択します。
    [Providers] タブのスクリーンショット
  5. Media Server 会議機能が SIP 招待を TCS に送信するために 必要とする設定を構成します。[Hostname/IP address] を、node.cfg ファイルの TCS: sipsm1_vip の SIP シグナリングマネージャの IP に 設定します。[Port number] を 5060 に設定します。 トランスポートプロトコルを ユーザーデータグラムプロトコル (UDP) に 設定します。[Save] を クリックします。
    MS 会議のスクリーンショット
    注: このウィンドウの下側のペインに表示されるアドレスは、 Media Server が listen する IP アドレスとポートを 示します。Media Server は、 非標準のポート 5070 (セキュアトランスポートの場合は 5071) で 動作するように構成されます。TCS で Media Server 会議ブリッジに対する SIP エンドポイントを作成するときには、 これらの非標準のポートを使用する必要があります。

ダイヤル計画の更新

以下のトピックを使用して、Media Server からの呼び出しを処理するようにダイヤル計画を構成します。

このタスクについて
番号計画には Media Server 会議エンドポイントが定義されるため、番号計画は、システムでサポートされるすべての番号のダイヤリングをサポートしなければなりません。会議ブリッジは、場合によっては、すべての種類の番号 (公衆網番号と私設網番号の両方) をダイヤルする必要があります。ダイヤル制限についても、慎重に考慮しなければなりません。ダイヤル計画が複数の番号計画から成っている場合は、すべての番号計画からの会議番号をサポートするようにダイヤル計画を構成してください。
Media Server 用のエンドポイントプロファイルの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、Media Server 用のエンドポイントプロファイルを作成します。

このタスクについて

会議をサポートするには、SIP エンドポイントを使用して Media Server をプロビジョンする必要がありますが、エンドポイントそのものを作成する前に、エンドポイントプロファイルを作成する必要があります。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. [Available Business Groups] で、リストから適切なビジネスグループを選択します。
  3. [Profiles] > [Endpoint Profiles] をクリックします。
  4. エンドポイントプロファイルテーブルで、[Add] ボタンをクリックします。
    [Business Groups] タブでエンドポイントプロファイルを作成します。
  5. [Add Endpoint Profile] ダイアログボックスの [Name] フィールドに記述名を入力します (例: EPP_CONF_IRL)。
  6. [Routing Area] の横にある [...] ボタンをクリックします。
  7. 「アナウンスの構成」で作成したルーティングエリアを選択して、[OK] をクリックします。
  8. [Save] をクリックして、プロファイルを保存します。
Media Server 用の会議エンドポイントの作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメントで、静的に登録された信頼できる SIP エンドポイントを各 Media Server 用に作成して、SIP ベースの電話会議を送受信できるようにします。

このタスクについて

この SIP エンドポイントは、正しいトランスポートタイプに対してプロビジョンする必要があります。テレフォニー制御サーバーへのアウトバウンド要求においてエンドポイントが連絡先として使用するドメイン名または IP アドレスを、別名として追加する必要があります。

SIP 会議に使用する Media Server のエンドポイントは、通常、ビジネスグループの 共通番号計画 (CNP) で作成します。完全修飾の番号 (例えば、公衆 E.164 番号の場合は GNF 番号、私設網番号の場合は完全修飾された私設網番号) のみを使用してください。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] をクリックします。
  2. [Available Business Groups] で、リストから適切なビジネスグループを選択します。
  3. [Members] > [Endpoints]をクリックします。
  4. エンドポイントテーブルで、[Add] ボタンをクリックします。
  5. [Add Endpoint] ダイアログボックスで、以下のようにエンドポイントの [General] 設定を入力します。
    1. [全般] タブをクリックします。
    2. [General] タブで、エンドポイントを説明する [Name] を入力します。
    3. [Registered] をクリックします。
    4. [Profile] フィールドの横にある [...] ボタンをクリックし、リストから該当するエンドポイントプロファイルを選択して、[OK] をクリックします。
  6. 以下のように SIP の設定を入力します。
    1. [SIP] タブをクリックします。
    2. [SIP] タブの [Endpoint Address] フィールドにテレフォニーアプリケーションサーバーの IP アドレスを入力します。
    3. [Port] フィールドに、Media Server で SIP ベースのコールに使用されるポート番号を入力します。

      デフォルトの SIP ポートは 5070 (UDP または TCP トランスポートプロトコル) ですが、暗号化されたサーバーでは 5071 (TLS または MTLS トランスポートプロトコル) が使用されます。

    4. [Transport] フィールドで、ご使用のデプロイメントで使用するトランスポートプロトコルを選択します。
    5. オプションで、以下のように、ダイジェスト認証をサポートする信頼できるエンドポイントとして Media Server をセットアップします。
      1. [SIP] タブの [Security] セクションで、[Add] ボタンをクリックします。
      2. [Add SIP Configuration] ダイアログボックスで、[Trusted entity] をクリックします。
      3. [All Ports] をクリックします。
      4. [OK] をクリックして、新しい設定を保存します。
  7. 以下のように属性を入力します。
    1. [Attributes] タブをクリックします。
    2. [Attributes] タブで、以下の設定をクリックします。
      • Accept Billing Number
      • Send URI In Telephone Subscriber Format
      • Ignore Answer for Announcement

      オプションのリストは非常に長いので、これらの設定を見つけるにはスクロールすることが必要な場合があることに注意してください。

  8. 以下のように別名の設定を入力します。
    1. [Aliases] タブをクリックします。
    2. [Aliases] タブで、[Add] ボタンをクリックします。
    3. [Add Alias] ダイアログボックスの [Name] フィールドに Media Server の IP アドレスを入力し、[OK] をクリックします。

      着信 SIP 招待のヘッダーにある [From IP] フィールドを突き合わせることにより、どの着信 SIP 招待がどの番号計画に属するかが別名によって判別されます。

  9. ダイアログボックスの下部にある [Save] ボタンをクリックして、新しいエンドポイントを保存します。
会議の宛先と経路の作成

このトピックでは、経路を通じてエンドポイントを指す 宛先を作成する方法について説明します。

手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。適切なビジネスグループを選択します。 次に [Numbering Plan] をクリックします。 適切な番号計画を選択します。 次に [Destinations and Routes] > [Destinations] > [Add] に移動します。
    宛先のスクリーンショット
  2. 宛先の名前を入力します。[Save] を クリックします。
    宛先の名前のスクリーンショット
  3. 新規に作成した宛先が会議ブリッジのエンドポイントを指すようにするには、 宛先を開いて [Route] タブに 移動します。[Add] をクリックします。[Route] タブは、 宛先を保存してある場合にのみ使用可能になります。初めて宛先を作成する場合は、 保存してから再度開く必要があります。
    [Route] タブのスクリーンショット
  4. [Route][ID] を 指定し、[Type][SIP Endpoint] に 設定されていることを確認します。[...] ボタンをクリックして [SIP End Point] を 選択します。
    SIP エンドポイントのスクリーンショット
  5. 番号計画を選択すると、エンドポイントのリストが 表示されます。会議エンドポイントを選択します。[Save] を クリックします。
    会議エンドポイントのスクリーンショット
  6. [Route List] タブに移動します。[Prioritized] の下にある チェックボックスをクリックします。[Save] を クリックします。
    経路リストのスクリーンショット
会議の宛先コードの作成

このタスクでは、会議ブリッジ番号に一致する 宛先コードを作成する方法を示します。また、 ローカルパークスロット番号に一致し、トラフィックを会議ブリッジの宛先に振り向ける 別の宛先コードを作成する方法も示します。

このタスクについて
多くの宛先が番号の範囲と 突き合わせられます。会議には特別な考慮事項があります。会議を正常に機能させるには、 ローカルパークスロットと会議ブリッジのために 2 つの宛先コードを 作成する必要があります。
手順
  1. [Telephony Control Server] > [Business Group] に移動します。ビジネスグループを選択します。
  2. 次に、[Available Private Numbering Plan] に移動します。 [Numbering Plan] を選択します。次に、[Translation] > [Destination Codes] > [Add] に 移動します。
    宛先コード追加のスクリーンショット
  3. [Destination Code] フィールドに コードを入力します。[Nature of Address] フィールドを [International] に 設定し、[Traffic Type][None] に設定します。
  4. [Destination Type][Destination] に 設定し、[Destination Name] フィールドで宛先の名前を 選択します。
    宛先名の追加のスクリーンショット
  5. ステップ 1 から 4 を繰り返します ([Destination code] フィールドには 別のコードを入力します)。
    スクリーンショット
  6. 追加の宛先コードが宛先コードのリストに 表示されます。
    スクリーンショット
オフィス番号用のディスプレイ番号の作成

IBM Sametime Unified Telephony デプロイメント内の加入者が含まれているオフィス番号ごとに、ディスプレイ番号定義を作成します。

このタスクについて

電話会議における電話番号の表示方法を決定する規則を定義します。Sametime Unified Telephony 加入者が含まれている各オフィス番号に対して、正しく表示するための規則が定義されていなければなりません。

手順
  1. CMP で、[Telephony Control Server] > [Global Translation and Routing] をクリックします。
  2. ナビゲータで、[Display Number Modification] > [Definitions] をクリックします。
  3. [Display Number Definitions] テーブルで、[Add] ボタンをクリックします。
    ディスプレイ番号の定義は [Global Translation and Routing] タブで行います。
  4. [Display Number Definition] ダイアログボックスで、オフィス番号の表示規則を定義するためのフィールドに入力し、[Save] をクリックします。
    [Display Number Definition] ダイアログボックスを使用すると、会議中の電話番号の表示方法を指定できます。

テレフォニーアプリケーションサーバー上の会議リソースの構成

テレフォニーアプリケーションサーバーでは、Media Server 会議ブリッジ番号に関する詳細が必要です。これらの番号は、国別コード、市外局番、 市内局番の各部分に分割できる必要があります。

テレフォニーアプリケーションサーバーでの会議リソースの定義

テレフォニーアプリケーションサーバーは、Media Server の会議機能のための番号を認識するように構成する必要があります。

このタスクについて

以下の手順に従って、CMP の [Users & Resources] セクションで以下の機能を定義します。

  • SIP ドメイン
  • 会議ブリッジとローカルパークスロットが使用するオフィス番号
  • 会議コード
手順
  1. SIP ドメインを定義するには、[User & Resources] > [Resources] > [Media Server Resources] > [SIP Domains] に 移動します。
    SIP ドメインのスクリーンショット
  2. [Add] をクリックします。SIP ドメインの ID は、 システムの中で固有であれば任意の数値にすることができます。通常、SIP ドメインは 1 つしか 存在しません。SIP ドメインは、Media Server からの SIP ヘッダーに 示される IP アドレスです。Media Server 会議ブリッジによって 使用される IP アドレスに設定する必要があります。[Save] を クリックします。
    [Add] のクリック
  3. [Office Codes] セクションを選択します。 [Add] をクリックします。
    [Office Codes] セクション
  4. 以下のフィールドに値を設定します。
    1. [Office Code ID] を、 国番号、市外局番、市内局番の組み合わせに設定します。
    2. ローカルの値に応じて [Country Code][Area Code][Local Office Code] を 設定します。
    3. [Overlap] はゼロに設定します。オーバーラップは、 ローカルオフィス番号のうち内線が重なる桁数です。1 に設定すると、 内線がローカルオフィス番号のうちの 1 桁を使用するようになります。
    4. [Outside Line Access] を、 国内通話と国際通話の場合に外線に接続するためにダイヤルする番号に設定します。
    5. [Save] をクリックします。オフィス番号の項目が リストに表示されます。
      [Office Codes] セクション
  5. [Conference Devices] を選択します。

    2 つの会議用装置を追加する必要があります。1 つは会議ブリッジ番号に対応し、もう 1 つはローカルパークスロット番号に対応します。

    注: パークスロット とは、保留中の通話を格納するために予約された電話番号のことです。専用パークスロットには、システム内のすべての他の電話がアクセスできるため、どのユーザーでも保留中の通話をとることができます。
    会議用装置
  6. 会議ブリッジの会議用装置を以下のようにして作成します。
    1. [追加] をクリックします。
    2. 正しい SIP ドメイン ID が選択されていることを確認します (定義した数が 1 つだけの場合は、デフォルトで選択されています)。
    3. このシステムで複数のオフィス番号が 構成されている場合は、必ず正しいオフィス番号を選択してください。
    4. 会議ブリッジの [Extension] フィールドを設定します。
    5. [OK] をクリックして、この会議用装置定義を保存します。
    会議リソース
  7. ローカルパークスロットの会議用装置を同じ要領で作成します。
    1. [追加] をクリックします。
    2. 正しい SIP ドメイン ID が選択されていることを確認します (定義した数が 1 つだけの場合は、デフォルトで選択されています)。
    3. このシステムで複数のオフィス番号が 構成されている場合は、必ず正しいオフィス番号を選択してください。
    4. ローカルパークスロットの [Extension] フィールドを設定します (会議ブリッジに使用した拡張子とは異なります)。
    5. [OK] をクリックして、この会議用装置定義を保存します。
  8. 両方のリソースが正常に追加されてシステムで認識されていることと、割り当て済みキューリソースの数が 2 だけ増加していることを確認してください。そのようになっていない場合は、[Users & Resources] からリソースを削除し、再度作成してください。
    ユーザーとリソース
会議番号の設定

このトピックでは、インストール時に会議番号が応答ファイルに設定されたことを確認する方法について説明します。

このタスクについて
会議番号は TAS のインストール時に設定されますが、その番号が正しくない場合、診断は困難になることがあります。構成を続行する前に、以下の手順に従って、番号が正しく設定されていることを確認してください。
手順
  1. CMP の [Configuring and Monitoring] セクションで、画面左側の [Root Cluster] をクリックします。[TAS Node — Small Deployment] をクリックします。
  2. 結果を名前でソートして、[Conferencing Service] を見つけます。[Conferencing Service] をクリックします。
    Conferencing Service
  3. [bridgeNumberToll] フィールドに、正しい [Conference Bridge] 番号が設定されていることを確認してください。
  4. [Save] をクリックして、このウィンドウを終了します。
    [Save] をクリック

会議機能のテスト

IBM Sametime Unified Telephony 機能が正常に構成されたことを、各機能セットのテストによって確認します。

始める前に
このトピックを印刷して、テスト結果やコメントを指定の表に記録できるようにしてください。
このタスクについて

Sametime Unified Telephony が正しく構成されている場合は、すべてのテストに合格するはずです。オーディオが会議のすべての参加者によって両方向とも聞こえれば、テストは合格です。

以下の表で、「Sametime 使用デバイス」という用語は、ユーザーが電話会議の発信と着信に Sametime クライアントを使用していることを示します (これらのテストでは、Sametime 使用デバイスは「コンピュータ」か「デスクトップ電話」のいずれかに設定されます)。「Sametime 使用デバイス」という用語が使用されていない場合 (例えば、デバイスとして「携帯電話」を使用するテストでは)、ユーザーは Sametime Unified Telephony 以外の番号を持つ外部デバイスを使用しているということです。

手順
  1. ワンクリックでの会議参加機能をテストします。テストごとに、各ユーザーの使用デバイスを記載のとおりに設定して、ユーザー 1 に、ユーザー 2 とユーザー 3 との会議を行うための以下のアクションを実行させます。
    • ユーザー 2 とユーザー 3 を選択する。
    • 選択したユーザーを呼び出す。
    表 1. ワンクリックでの会議参加のテスト設定
    デバイス 合格? コメント
    テスト 1
    • ユーザー 1: Sametime 使用デバイスは [コンピュータ] に設定されている
    • ユーザー 2: Sametime 使用デバイスは [コンピュータ] に設定されている
    • ユーザー 3: Sametime 使用デバイスは [コンピュータ] に設定されている
       
    テスト 2
    • ユーザー 1: Sametime 使用デバイスは [デスクトップ電話 (Desk phone)] に設定されている
    • ユーザー 2: Sametime 使用デバイスは [デスクトップ電話 (Desk phone)] に設定されている
    • ユーザー 3: Sametime 使用デバイスは [デスクトップ電話 (Desk phone)] に設定されている
       
    テスト 3
    • ユーザー 1: 携帯電話
    • ユーザー 2: 携帯電話
    • ユーザー 3: 携帯電話
       
    テスト 4
    • ユーザー 1: Sametime 使用デバイスは [コンピュータ] に設定されている
    • ユーザー 2: Sametime 使用デバイスは [デスクトップ電話 (Desk phone)] に設定されている
    • ユーザー 3: 携帯電話
       
    テスト 5
    • ユーザー 1: Sametime 使用デバイスは [コンピュータ] に設定されている
    • ユーザー 2: デスクトップ電話 (Desk phone)
    • ユーザー 3: 携帯電話
       
  2. ドラッグアンドドロップでの会議参加機能をテストします。テストごとに、各ユーザーの使用デバイスを記載のとおりに設定して、ユーザー 1 に、ユーザー 2 とユーザー 3 との会議を行うための以下のアクションを実行させます。
    • ユーザー 2 を選択して呼び出す。
    • [アクション] > [他のユーザーを招待] をクリックする。
    • ユーザー 3 を選択する。
    表 2. ドラッグアンドドロップでの会議参加のテスト設定
      Sametime 使用デバイス 合格? コメント
    テスト 1
    • ユーザー 1: コンピュータ
    • ユーザー 2: コンピュータ
    • ユーザー 3: コンピュータ
       
    テスト 2
    • ユーザー 1: コンピュータ
    • ユーザー 2: デスクトップ電話 (Desk phone)
    • ユーザー 3: デスクトップ電話 (Desk phone)
       
    テスト 3
    • ユーザー 1: コンピュータ
    • ユーザー 2: 携帯電話
    • ユーザー 3: 携帯電話
       
    テスト 4
    • ユーザー 1: コンピュータ
    • ユーザー 2: コンピュータ
    • ユーザー 3: 携帯電話
       
    テスト 5
    • ユーザー 1: コンピュータ
    • ユーザー 2: コンピュータ
    • ユーザー 3: デスクトップ電話 (Desk phone)
       
  3. 電話会議の制御とオーディオストリームをテストします。テストごとに、指定されたアクションを実行して、結果を書き留めてください。
      アクション 合格? コメント
    テスト 1
    1. Sametime から会議番号をダイヤルします。
    2. 別のデバイス (例えば、携帯電話やデスクトップ電話) から、同じ会議番号をダイヤルします。
       
    テスト 2
    1. モデレータがある参加者をミュートしたときのオーディオストリームを確認します。
    2. モデレータが同じ参加者をミュート解除したときのオーディオストリームを確認します。
       
    テスト 3
    1. モデレータがすべての参加者をミュートしたときのオーディオストリームを確認します。
    2. モデレータがすべての参加者をミュート解除したときのオーディオストリームを確認します。
       
    テスト 4
    1. 参加者が自分自身をミュートしたときのオーディオストリームを確認します。
    2. 同じ参加者が自分自身をミュート解除したときのオーディオストリームを確認します。
       
    テスト 5
    1. モデレータが会議を一時停止したときのオーディオストリームを確認します。
    2. モデレータが会議を再開したときのオーディオストリームを確認します。
       
    テスト 6
    1. モデレータが参加者を切断できることを確認します。
    2. モデレータが同じ参加者を再招待できることを確認します。
       
    テスト 7 参加者が会議中に他の参加者の邪魔をせずにコールを別のデバイスに転送できることを確認します。例えば、転送が実行されること、および保留の音楽が再生されないことを確認します。    

拡張機能の構成

テレフォニーの構成によっては、システムに他の機能を追加できます。

アナウンスのローカライズ

SUT は、デプロイすると一度に複数の言語と 文化領域を提供するように設計されています。ユーザーになじみのあるアナウンスが 出されるかどうかをテストするには、以下の手順を行います。

始める前に
基本的な通話と電話会議が所定の動作を正常に行うように システムを構成する必要があります。これはプロビジョニング中に行います。 これらの言語は、[Media Server の言語の構成 (Configuring the Media Server Languages)] セクションで設定します。
このタスクについて
このトピックでは、テストの目的でユーザーと加入者を ローカライズする方法を示します。ローカライズが可能な領域はいくつかあります。
  • ユーザーのローカライズ
  • サブスクライバーのローカライズ
  • 会議ブリッジのローカライズ
この例では、 英語とスペイン語の 2 つの言語をサポートする方法を示します。一般に、以下のことを行う必要があります。
  1. 必要な言語を両方ともサポートするように Media Server を構成する。
  2. 両方の言語もサポートするように (さらにオプションで、 それぞれの国のローカル番号で動作するように) MS の会議ブリッジを構成する。
  3. ユーザーを特定の言語に設定する。
  4. そのユーザーに属する加入者を同じ言語に設定する。
手順
  1. 以下のコマンドによりテレフォニーアプリケーションサーバーを停止します。/etc/init.d/symphoniad stop
  2. 以下のファイルをテレフォニーアプリケーションサーバーの /enterprise/assistant/data ディレクトリに配置します。
    • MSLanguages.properties
    • MSLanguagesV31.properties
    • MSLanguagesV41.properties
  3. 以下のコマンドを実行して、プロパティファイルをアクティブにします。
    chown sym:sym MSLanguages.properties MSLanguagesV31.properties MSLanguagesV41.properties
  4. 以下のコマンドによりテレフォニーアプリケーションサーバーを開始します。/etc/init.d/symphoniad start
  5. CMP にログインします。
  6. [Languages] をクリックします。
    Languages
  7. [Languages] ウィンドウで、 デフォルトの言語を英語に設定します。別の言語を使用するようにダイヤル計画を構成していない限り、 英語が使用されます。[Language Mode] 属性を [Single] から [Multiple] に 変更した後、システムでユーザーをプロビジョンします。
  8. リストにない新しい言語を追加するには、[Add] ボタンを クリックします。システムでプロビジョンされた ユーザーから使用可能にする言語のチェックボックスを クリックします。[Save] をクリックします。
    言語
  9. TAS ではユーザーをローカライズする必要があります。TCS では 加入者をローカライズする必要があります。ローカライズは、 プロビジョニングの一環として行います。ユーザーのロケールに関する 情報は LDAP から取得できます。あるいは、ユーザーの SUT 番号の 国別コードからロケールを導出できます。加入者 を変更するために、[TCS] > [Business Groups] に 移動します。正しいビジネスグループと番号計画を選択します。次に、[Members] > [Subscribers] を 選択します。加入者を選択した後、ドロップダウンメニューから 適切な言語を選択し、[Save] をクリックします。
  10. [User & Resources] > [Users] > [User Administration] > [Users] に移動します。前のステップで変更したユーザーを選択し、 言語を変更します。
Media Server 会議ブリッジでの言語の構成

このトピックでは、アナウンスがローカルの言語になるように 構成する方法について説明します。

このタスクについて
SUT ユーザーが会議を開始したり会議に参加したりするとき、 アナウンスはローカルの言語でなければなりません。しかし、 会議ブリッジは公衆網からダイヤル可能な番号です。Media Server 会議ブリッジでの言語の構成には、 以下の 2 つの側面があります。
  • 言語データを使用できない場合に再生するデフォルト言語の設定。
  • サポートする必要がある言語の追加。
手順
  1. [Media Servers Node] 管理パネルに移動します。[Conference Bridge number] を クリックします。
    会議ブリッジ番号のスクリーンショット
  2. [Language Property] を選択して値を編集し、 適切なデフォルト言語を入力します。有効な値は、表に示されています。
    言語
    ドイツ語 de_de
    英語 (英国) en_gb
    英語 (米国) en_us
    スペイン語 es_es
    フランス語 fr_fr
    イタリア語 it_it
    日本語 ja_ja
    韓国語 ko_ko
    ポルトガル語 (ブラジル) pt_br
    中国語 (簡体字) zh_cn
  3. 次に、その言語コードを言語コードリストの先頭に 配置し、[Conference Service] プロパティページに 表示されるようにします。
    会議サービスのスクリーンショット
  4. 追加する言語が [Conference Service] プロパティページの このリストに存在することを確認します。
    [Conference Service] のスクリーンショット
  5. [Node administration; Terminals] ページに戻り、 新規エントリを追加します。端末は、Media Server 会議ブリッジでサポートされる 各言語を表すオブジェクトです。SUT でサポートされる言語ごとに 1 つの 端末が必要です。[Add] を クリックします。
    端末のスクリーンショット
  6. 端末 ID は必ず conferencing で始まり、 言語コードの先頭部分で終わります。[...] ボタンをクリックすると、 システムに用意されている言語のリストが表示されます。application:/Terminal_ID のみ (application:/Conferencing#welcome_es など) の入力で済みます。 es は、追加する言語コードの先頭部分で 置き換えてください。
    注: 端末 ID の場合は言語コードの前に「-」文字が付きますが、 アプリケーションの場合は「_」文字が付きます。
    アプリケーションのスクリーンショット
  7. [Address Binding] ページに移動し、 新しい [端末] を追加します。追加の言語サポートのための 新しいアドレス結合を追加するときには、 デフォルトの結合 #welcome_cn #welcome_de と 同じ形式を使用します。[Add] を クリックします。
    アドレス結合のスクリーンショット
  8. [Terminal ID] フィールドで、 以前のステップで [Terminal] タブで 作成した [Application] エントリをドロップダウンメニューから選択します。[Expression] フィールドでは、 以前に作成したローカライズ後の表記の規則に従います (997 や 998 など)。このページのセクションにある その他のフィールドは変更しません。
    端末 ID のスクリーンショット
  9. [Generic Properties] フィールドで 言語のプロパティを追加します。[Key] フィールドを [Language] に 設定し、[Value] フィールドを適切な言語コードに 設定します。[Save] を クリックします。
    一般プロパティのスクリーンショット
  10. 構成をテストするには、ユーザーを新規に構成した言語に 設定した SUT クライアントから会議ブリッジにダイヤルします。
    構成テストのスクリーンショット

CDR とコールレコードの構成

テレフォニー制御サーバーは、テレフォニー制御サーバーを経由するコールのコール詳細レコード (CDR) を生成します。

このタスクについて
コール詳細レコードをお客様の課金ソリューションに組み込むことができます。
注: PBX デバイスで直接送受信するコールの場合、(例えば、ユーザーの非公開 PBX 番号がコールされる場合や、ユーザーが受話器をとって電話をかける場合)、コールはテレフォニー制御サーバーを経由しないため、テレフォニー制御サーバーで CDR レコードは作成されません。必要な場合は、カスタムシステムインテグレータ作業を行うことにより、テレフォニー制御サーバーとネットワーク内の PBX についての統一 CDR レコードを提供できます。

911 のセットアップ

規制上の要件により、拡張 911 (E911) 呼び出しでは、緊急サービスが通話者の場所を正確に特定できるようにする必要があります。

このタスクについて
Sametime Unified Telephony インストールの後、顧客が緊急呼び出しをダイヤルする際に利用できる機能は、インストール前に利用できた機能と同じレベルでなければなりません。考慮すべきシナリオがいくつかあります。
  • ユーザーがオリジナルの PBX 電話から 911 にダイヤルする - PBX は、911/E911 に関して現在設定されている転送ルールを再構成できません。コールバックとロケーション識別の目的で Public Safety Answering Point (PSAP) に提示される LIN 番号を、テレフォニー制御サーバーに対して再構成してはなりません。統一番号加入者は仮想の加入者であるため、テレフォニー制御サーバーは加入者に関するロケーション情報を保持していません。そのため、テレフォニー制御サーバーは LIN を提供することも、911/E911 呼び出しの最適な PSAP を選択することもできません。
  • ユーザーが関連デバイスから 911 にダイヤルする - そのデバイスに関連付けられたプロバイダが緊急呼び出しの責任を担っており、テレフォニー制御サーバーは呼び出しには関与しません。
  • ユーザーがソフトクライアントから 911 にダイヤルする - 911 呼び出しは SIP サーバーに送信され、SIP サーバーにソフトクライアント (Sametime Connect クライアントなど) が登録されます。SIP サーバーにはクライアントのロケーション情報に関する知識があるため、この呼び出しをテレフォニーアプリケーションサーバーとテレフォニー制御サーバー経由で送信するべきではありません。

Communications Assistance for Law Enforcement Act (通信盗聴援助法/捜査当局による通信傍受の援助法)

CALEA (Communications Assistance for Law Enforcement Act) サポートが必要な場合は、テレフォニー制御サーバー上に CALEA が構成され、統一番号への着信コールの合法的傍受が可能になります。

このタスクについて
統一番号を使用して行われた発信コールは、統一番号を使用して利用できます。オリジナルの PBX デバイスから発信されたコールは収集されません。モニターできるのは統一番号のみであり、ユーザーのその他の関連デバイスは対象外です。テレフォニー制御サーバーは、二者間通話の CALEA サポートを次の 3 つのレベルで提供します。
  • レベル 1: 要請に応じて、オフライン CDR が LEA に提供されます。
  • レベル 2: コール相関レコードがリアルタイムで LEA に送信されます。
  • レベル 3: LEA 録音デバイスで会議を行うことにより、通信内容が LEA に提供されます。
注: 電話会議の CALEA サポートは、このリリースでは対応していません。

ANSI 市場向けの CALEA インターフェース - ANSI 市場では、モニタープロセスは令状により開始されます。 その後、モニター対象の通話者に関して CALEA が構成されます。容疑者に対する盗聴は Unified Number Assistant を介して構成されます。LEA が利用できる特殊な CALEA 管理者ロールがあるため、LEA は Unified Number Assistant で LEA 画面を表示し、盗聴を構成することができます。加入者が電話するか、電話を受けた場合は、通話者 A と B を含む CII メッセージがコールデータチャネル経由で LEA に送信されることにより、LEA は通知を受けます。同時に Media Server は、通話者 A と B が PSTN ゲートウェイ経由で LEA と共に会議を行うことがシグナル通知されます。LEA にあるデバイスはそのコールを自動的に受け付けて、通話内容の録音を開始します。

ETSI 市場向けの CALEA サポート - ETSI 市場では、このプロセスは Lawful Interception Operation System (LIOS) に送信される電子送信令状により開始されます。その後、指定された加入者に対する盗聴がテレフォニー制御サーバー上で構成されます。加入者が電話するか、電話を受けた場合は、通話者 A と B のコールレコードが LEA に送信されることにより、LEA は通知を受けます。同時に Media Server は、通話者 A と B が PSTN ゲートウェイ経由で LEA と共に会議を行うことがシグナル通知されます。LEA にあるデバイスはそのコールを自動的に受け付けて、録音を開始します。音声の経路は LEA 宛てにセットアップされているので、コール相関データも SIP インターフェース経由で SIP ゲートウェイにシグナル通知され、コールと、並行して渡されたコールレコードが相互に関連付けられます。PSTN ゲートウェイはこのコール相関データを SIP メッセージからアンパックする必要があり、そのデータを対応する TDM コールセットアップフィールドに送信します。これで LEA は、コールレコードを、受信するメディアストリームと相互に関連付けることができます。

短縮ダイヤルリストのセットアップ

PBX 電話に短縮ダイヤルリストが構成されているかどうかを IBM サービスが検査します。また、それらのリストをテレフォニー制御サーバーの統一番号加入者用に再構成する必要があるかどうかも検査します。

このタスクについて
IBM サービスはこの機能を提供する必要があります。

ボイスメールのセットアップ

標準的な PBX システムでは、ボイスメールに関するいくつかのアクセスオプションが提供されます。

このタスクについて
標準的な PBX システムでは、ボイスメールに関する以下のアクセスオプションが提供されます。
  • 直接アクセス - 自分のメールボックスにダイヤルできます。直接アクセス用のサービスアクセス番号にダイヤルし、自分の電話番号 (または名前) とパスワードを入力することによってサーバーにログオンします。これで、メールボックスに保管されているすべてのメッセージ、およびメールボックス設定にアクセスできます。 他のユーザー宛てのメッセージを記録して、これらのメッセージを送信することができます。
  • ゲストアクセス - 外部メールボックスにダイヤルできます。ゲストアクセス用のサービスアクセス番号にダイヤルし、必要なユーザーの内線番号をダイヤルします。そのユーザーのメールボックスにメッセージを残すことも、委託内線に転送させることもできます。しかし、これはそのユーザーが応答オプションをどのように設定したかによって変わります。
  • 汎用アクセス - 外部メールボックスにダイヤルでき、自分のメールボックスにもアクセスできます。これは、自分のメールボックスにアクセスできるオプションがゲストアクセスに追加されたのと同じです。
  • 自動転送アクセス - あなたの内線にダイヤルする通話者をあなたのメールボックスにリダイレクトできます。内線で受信した呼び出しは、その後、メールボックスに自動転送されます。発信者はメールボックスにあなた宛のメッセージを残して、メールボックスを留守番電話として使用することができます。
  • 転送アクセス - 発信者をメールボックスに転送できます。発信者に他のユーザー宛てのメッセージを残すオプションを与えたい場合、または発信者がユーザーの内線番号を入力できない場合、あるいはこの内線番号を通話者から隠したままにする場合は、転送アクセス番号をダイヤルすることによって、発信者をメールボックスに直接接続できます。このオプションは、通話切り替えの担当者にとっては特に興味深いオプションです。この機能は、通常はオペレータまたは出席者によって使用されます。
  • コールバックアクセス - 自分のメールボックスに新規メッセージが含まれている場合は、電話でメールボックスキーを使用して、メールボックスにアクセスできます。このアクセスモードでは、ユーザーに番号/名前の入力を求める処理はスキップされ、代わりにパスワードの入力を求めるプロンプトが表示されるだけです。
  • 発信コールアクセス - 自分のメールボックスに新規メッセージが出現すると、メールボックスからの呼び出しによって自動的に通知されます。

管理者は、次のような複数のボイスメールシステムを構成できます。
  • お客様は、サポートする必要があるレガシーシステムを含む、複数の (異機種の) ボイスメールシステムを保有している場合があります。
  • 同一システム上の各ノードに対して異なるアクセス番号を提供するように構成できます。
  • 複数言語環境をサポートできます。その場合は、言語ごとに異なるアクセス番号が必要になる可能性があります。
Common Management Portal を介して複数のボイスメールシステムを構成します。これらの番号は、ユーザーのルールまたは設定によって着信コールがボイスメールに自動転送される場合に、指定されたボイスメールシステムに到達するようにユーザーに割り当てることができます。CMP を介してボイスメールシステムを構成するときに、管理者は自動転送アクセス番号を指定する必要があります。

これで管理者は、CMP を介して構成済みボイスメールシステムの 1 つをユーザーに割り当てることにより、各ユーザーのボイスメールターゲット (1 つのみ) を構成できます。